Mansion
素敵なマンションライフのために

編集部からのご回答


ドアノブに触れる際の静電気対策について

冬になり、ドアノブに触れるときに静電気が発生します。何か対策はないでしょうか?

冬に静電気が発生する原因として、次のことが考えられます。
(1)静電気は空気中の水分に逃げていく性質がありますが、冬は空気が乾燥し、空気中の水分が少なくなり、静電気が空気中に逃げにくくなります。
(2)冬場に着用することが多い合成繊維(ポリエステル・アクリルなど)は静電気を通しにくく、静電気が体にたまりやすくなります。
  静電気対策として、最も簡単に実践できる方法としては、ドアノブに触れる前にコンクリートの壁などを触ることが挙げられます。そうすることで、体に帯電されている静電気を逃がすことができます。
  また、加湿器などで、室内が乾燥しないよう湿度を保つことも有効です。

2016年12月掲載

素敵なマンションライフのために

Wendy 定期発送

110万部発行 マンション生活情報フリーペーパー

Wendyは分譲マンションを対象としたフリーペーパー(無料紙)です。
定期発送をお申込みいただくと、1年間、ご自宅のポストに毎月無料でお届けします。