Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 窓ガラスにフィルムを貼る

Mansion Reform

窓・壁・床

窓ガラスにフィルムを貼る

窓ガラスにフィルムを貼って快適な生活を

窓ガラスにフィルムを貼って快適な生活を

 皆さんは「ガラスフィルム」というものをご存じでしょうか。これは特殊な性質を持った膜で構成されたフィルムで、このフィルムを貼り付けることにより、窓ガラスにさまざまな性能を与えることができるものです。最近ではホームセンターにも置いてあるので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。今回はそんなガラスフィルムの種類をいくつかご紹介したいと思います。

■遮熱機能を持つガラスフィルム
 太陽の日差しで熱を感じる1番の理由は、赤外線にあります。赤外線自体は温度を持たないのですが、人間の体などの物体に吸収されることで熱が生まれる性質があります。このような現象は輻射熱と呼び、遮熱機能を持つガラスフィルムを窓に貼り付けると、窓から入る輻射熱を抑えることができるのです。太陽の日差しにより生まれる輻射熱を低減させることで、省エネ効果もあります。

■紫外線カット効果を持つガラスフィルム
 紫外線は殺菌効果などがある半面、過剰に浴びると日焼けや皮膚がんの原因となるほか、カーテンやカーペットを褪色させる原因にもなります。最近では 99%以上も紫外線をカットする効果のあるフィルムも販売されていますので、窓から入ってくる紫外線が気になる方は紫外線カット効果を持つガラスフィルムで紫外線対策なんていかがでしょうか。また、夜間に明るい窓へ集まる虫たちを見たことがあると思いますが、これは走光性と言われる紫外線に反応して光源に集まる虫の特性によるものですので、紫外線をカットすることで虫が明るい窓へ集まるのを抑える効果もあります。

 なお、窓ガラス表面の形状によっては施工が難しい場合もありますので、施工の際には十分にご注意ください。