Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > セキュレクールベール-いないときの安心感にいるときの快適性をプラス-

Mansion Reform

窓・壁・床

セキュレクールベール-いないときの安心感にいるときの快適性をプラス-

破られにくい安心の機能

破られにくい安心の機能

 従来の防犯ガラスに新たに赤外線カット機能を備えた防犯ガラスを紹介します。近年、ガラス破りによる侵入盗被害が増加する中で、防犯ガラスの需要は拡大の一途にあります。一方、社会が成熟化する中で、住宅の快適性・安全性向上に対応する高機能ガラスがますます求められています。とりわけ窓辺での日射による日焼けや肌へのジリジリとした不快感を防止するガラスのニーズが増えています。旭硝子はそういったニーズにお応えする形でセキュレクールベールを開発しました。

 セキュレクールベールは自動車用ガラスの中間膜技術を、住宅向けに応用・開発した既存の1枚ガラス用サッシに収まるリフォーム対応型の防犯ガラスで、特長としては次の5点があります。

1.高い防犯性能
セキュレクールベールは2枚の板ガラスの間に強靭で柔軟な特殊フィルムをはさみ、熱と圧力を加えて接着したガラスです。特殊フィルムのはたらきにより破られにくく、侵入までに時間がかかるので、安心を任せられるガラスといえます。

2.中間膜による赤外線カット・遮熱性能
私たちの肌に熱を感じさせる赤外線を遮断する機能を持たせることで、ガラスを通して暑さを感じることが少なく、また物を温めにくいため、エアコンの効率も上がります。心地よい室内空間を実現したガラスといえます。

3.合わせガラスの持つUV(紫外線)カット性能
日焼けによる炎症の原因となる紫外線を遮断する機能を持たせることで、肌の老化、シミ・シワなど肌のトラブルを防ぎます。99%以上の紫外線をカットするので、肌の美容と健康を守る、やさしいガラスといえます。

4.高い透明性
高い透明性については一般ガラスと同様の性能があります。

5.盗難お見舞い金制度の付加
盗難お見舞い金制度がグレード別に付加されています。お見舞い金制度とは、セキュレクールベールが破られたことにより盗難が発生した場合に、限度額の範囲で被害内容に応じてお見舞金をお支払いする制度です。レベル1ではクールベール特殊フィルム厚さは0.67mmで、上限は10万円まで、レベル2では厚さは1.52mmで、上限は20万円まで、レベル3では厚さは2.28mmで上限は30万円までが販売時にお渡しする「お見舞金制度約定証書」に基づいて支払われます。

 注意点としては次の通りです。侵入を完全に抑えるものではありません。サッシの強度によっては防犯性能が十分に発揮できない場合があります。通常の1枚ガラスに比べ重くなるので、サッシの戸車などの消耗が早くなることがあります。

 遮熱効果を高めた防犯ガラスで住空間を改善しませんか?

空き巣ねらいの侵入方法 ガラスによる「暑さ感」の差

空き巣ねらいの侵入方法

ガラスによる「暑さ感」の差