Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 浴室用の床シートの張り替え

Mansion Reform

バス・トイレ

浴室用の床シートの張り替え

 人の足の裏は温度に敏感です。この季節、浴室の床は冷たく、余計に寒さを感じます。最近のユニットバスの床は材質が改良され、保温性に優れています。だからといって、ユニットバスにリフォームするのは、大きな工事で、費用もたくさんかかります。そこでおすすめしたいのが、既存の床の上から浴室用のシートを貼る方法です。シートによっては、在来工法のタイル張りの床も可能です。浴室用の床シートは発泡層があるため、クッション性があって滑りにくく、断熱効果もあるため、足の裏で冷たさを感じにくいのが特徴です。また浴室内の安全確保にもなります。表面がエンボス加工されているシートなどは、防滑性が高く、万が一、転倒してもクッション性があるので安心で、高齢者の転倒によるケガの心配を減らすことができます。

 浴室用の床シートを使ってリフォームをすると、比較的低予算で、美観と安全の2つの機能性を高めることができます。

 浴室床用シートには、防カビ、抗菌加工がされていますが、石けんカスや湯垢がシートの溝にたまらないように洗い流すなど、日々のメンテナンスが大切です。清掃と換気に気を配ることで、より長期間きれいに保つことができます。なお、浴室用の床シートには厚みがあるので、施工の際に注意が必要です。興味のある方はまずはリフォーム業者に相談してみてください。