Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 体が動きづらくなった時のこだわりのトイレ

Mansion Reform

バス・トイレ

体が動きづらくなった時のこだわりのトイレ

 高齢者や体の不自由な人がトイレに行ったり、また家族などがその介助をするのにはさまざまな不便が生じることがあります。

 一般的にトイレの扉は他の部屋より狭く、トイレの横幅も80センチ程度と狭いことに要因があります。まず入り口を広く取ることが大切です。しかし扉を広くすると、扉の開きスペースで廊下幅いっぱいになったり、扉を開くために後ずさりしたりと、不自由を感じることになります。

 トイレの扉にも種類があり、選べるので活用しましょう。折れ戸は入り口の半分、3枚折れ戸なら入り口の3分の1程度の幅ですみます。引き戸は扉幅もなく、入り口全体が利用できます。しかし引き戸と同じ長さの壁が必要です。直角に曲がり込む蛇腹式の引き戸もありますが、引き込む側の壁の利用ができなくなります。長短を考慮して選びましょう。

 次に便器の向きです。入り口と対面した便器は、背後より介助して向きを変えて便器に座らせたりと大変です。手すりがあると便利ですが、さらにトイレ幅が狭くなります。入り口と平行に便器を取り付けることで、外からでも介助して便器に座らせてあげることが可能です。便器は右向き、左向きにも設置できます。しかし入り口と平行に便器を設置するには、トイレの横幅が広くなるので、トイレだけでなく、周りの部屋の改修が必要となります。

 とはいえ、トイレの幅を広くすることのメリットは多いです。手すりも取り付けられ、仮に左半身が動かしづらい場合に、右手が自由に動かすことができるのであれば、入り口より見て左側を前とした便器を配置して手すりを便器と平行に奥壁に取り付けるトイレを計画すると、一人で右手で手すりを握り、便座に座る動作ができます。体の不自由な方も、介助する方も快適なトイレとなることでしょう。

 手すりを取り付けた場合、トイレ備品が思う位置に取り付けられないこともあります。トイレットペーパーの位置が低くなったり、遠くなったりすることも考えられますので、自分で座って確認をしてください。トイレが広ければ腰高の収納をつけて手すりの代わりとして使えます。

 使い勝手の確認が必要なのは、手洗い器、温水洗浄便座の操作部などの位置、洋風便器での振り向いての水栓レバー操作などがあります。現在では多種多様な製品が販売されてるので、計画の段階で調べておくことが必要です。ショールームによっては、便器の位置、方向、トイレの広さなどの体験ができる設備があります。

 また、車いすでトイレを利用するには、1.8〜2.0メートル四方の広さがなければ、トイレ内で車いすの回転が思うようにできません。例えトイレが広くなっても、不自由さが残ることも頭の片隅に入れておいてください。