Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 高感度人感センサー付トイレットライト~小さな動きも見逃さない~

Mansion Reform

バス・トイレ

高感度人感センサー付トイレットライト~小さな動きも見逃さない~

 人感センサーとは、人間の動きを体熱で感知して点灯・消灯する便利な機能です。従来の人感センサーは、しばらく時間が経過すると自動的に消えてしまうことが多く、トイレのように動くことが少ないスペースでは使用できませんでした。オーデリック株式会社は人の微かな動きまでキャッチする「高感度人感センサー」を採用することで、この点を克服しました。そのため、動きの少ないトイレでも、ライトはしっかり点灯します。

ソフトスタートトイレットライト

ソフトスタートトイレットライト


■ソフトスタートトイレットライト
深夜のトイレでは、いきなり照明をつけるとまぶしくて目に負担がかかります。ソフトスタート照明は、徐々に明るくなるので目への負担を軽減します。

ソフトスタートトイレットライト

 高感度人感センサー付トイレットライトの機能は次の通りです。
 (1)明るい間は人がいても点灯しません。
 (2)暗くなると人感センサーが作動し、待機状態になります。
 (3)人がエリア内に入るとほんのり点灯し、徐々に明るくなります。
 (4)人がエリア内にいる間はほとんど消えません。
 (5)人がいなくなってから設定時間後に消灯します。

 ほんのり点灯し、徐々に明るくなる機能については、例えば、夜中に目が覚めてトイレに行くとき、トイレが明るすぎると、部屋の暗さに慣れた目には照明はまぶしく感じます。また、不快感と共に目に負担がかかることにもなります。ソフトスタート点灯方式の照明なら、ほのかな光から徐々に明るくなっていき、約 5秒後に70%、そして10秒後に100%となります。この照明は目が明るさに慣れやすい、やさしい明かりといえます。

 また、消灯の際は1度に消えるのではなく、徐々に暗くなる方式が取り入れられているので完全な消灯となる前に消灯に気付くことができます。自動消灯機能により、人がいなくなってから30秒後、もしくは90秒後に消灯を行います。

 このように、高感度人感センサー付トイレットライトは人にやさしく節電に効果的な照明です。そして、これまでのうっかり消し忘れはもうなくなり、いつでも点灯・消灯をコントロールしてくれる、そういった頼れる照明なのです。