Wendy-Net トップページ > Woman > Back Number >主婦発明家 松本 奈緒美さん

Woman

BackNumber

主婦発明家/松本 奈緒美さん

松本 奈緒美さん
「笑顔が発明の原動力」
Profile

松本 奈緒美さん/主婦発明家
日本大学芸術学部卒業。2001年から05年まで工学院大学専門学校非常勤講師。10年、発明ラボックス設立。07年、パテントソリューションフェア(特許庁・関東経済企画庁主催)のパネリストに選出。大手コーヒーショップの販促ツールとして採用された「紙パズル」は100万枚配布された。「お金をかけずに発明する」をモットーに数々の発明品を生み出している。(手に持っているのは、発明品のぺちゃんこティシュバッグ)
http://hatsumeilabox.com


 私は、美術作家になることが子どものころからの夢でした。それをかなえるべく、働いたお金は制作費につぎ込むという日々を30代半ばまで過ごしていました。1999年に念願だった公共の場で個展の機会を得ました。しかし、そこで目の当たりにしたのは、ほとんどの人が私の作品に見向きもしないという光景でした。「誰も喜んでいないものを、何のために創っているのだろう…」。

 自分が「好き」ということで頑張ってきましたが、「誰かが喜んでくれる」という未来が見えない毎日に、とても息苦しさを感じるようになっていました。

試作品の数々
試作品の数々

 お金もない、充足感もない、こんな日々を早く何とかしなければ…と焦る当時の私は、家事などに費やす時間は無駄だと思っていました。「私だって忙しいんだから、掃除くらいやってよ」と、主人とはケンカばかりの毎日。

 ある時、ふと気づいたのです。私は、そもそも家の中でさえも誰の喜びになっていないのではと。ならば、やりたくない家事を誰かに押し付けるのではなく、まずは人に頼らないように、自分が家事をやりたくなるようなモノを作ってみよう。

 恥ずかしながら、私は家事の効率的なやり方を知らなかったのです。掃除機をかけているときに、家具のホコリも気になります。掃除機がけの後に、水拭きをするのが普通なのでしょう。しかし、私は、ホコリを吸引しながら拭き掃除ができたら、掃除が早く終わるではないかと思いつき、家にあるボール紙で試作を始めました。

 試行錯誤を繰り返しながら、試作品を作り、使ってみます。そして、また修正を繰り返します。あっという間に100個以上は作っていました。

発明品・ペン先すーぴぃの使い方
発明品・ペン先すーぴぃの使い方

 自分のアイデアを試すことで、苦手な掃除が面白くなってきました。もう主人に「掃除して!」と怒ることもありません。さらに主人も、興味津々で「それ使わせて」と言うではありませんか。2人で「こうしたらいいんじゃない?」などとコミュニケーションが増え、いつしか笑い声が絶えない家になっていきました。

 また試作品を友人に使ってもらうと、「とても便利よ!こうしたらいいかもね」と楽しんでくれるのです。自分が苦手なことを、アイデアで克服することで周りの人を喜ばせることができるんだと、これまでにない充足感を感じるようになりました。


細い隙間にもペン先すーぴぃ
細い隙間にもペン先すーぴぃ

 商品化には5年もかかりました。壁が立ちはだかる度に、使う人の笑顔が原動力となって根気よく修正することができました。2005年にようやく「ペン先すーぴぃ」が店頭に並びました。すると、たちまち10万個以上を売り上げ、ヒット商品となりました。

 その後も、自分自身の苦手なことからアイデアを生み出し、それを元にした商品がいろいろな企業から続々と販売されるようになりました。簡単なアイデアが「発明」になるということで、メディアにも数多く取り上げられるようになりました。2010年には発明ラボックスという会社を設立しました。

 最近では「アイデアでロイヤルティー収入を得るにはどうしたらよいのか」と問い合わせが多くなり、メールで発明のノウハウを伝えていました。昨年、効率よく企業で商品化されるためのシステム「アイデアご意見隊」を考案いたしました。

 一般の方のアイデアが商品化につながりやすくなるよう考えたシステムです。投稿されたアイデアは、他の人が見ることができないようになっています。私たちで一つ一つの投稿されたアイデアに対して、どうしたら商品化になるのかアドバイスをしています。登録は無料で、誰にでもチャンスが生まれるシステムです。

 人の充足感や生きる原動力は「人の笑顔」であることを、私は「発明」を通じて教えてもらいました。日本の生活の中から生まれるアイデアは「日本の文化」だと、美術作家を経てきた私は感じています。皆さんにこのことを伝えるために、これからも、まい進していきたいと思っています。



BackNumber

(無断転載禁ず)