Wendy-Net トップページ > 本音のエッセイ > BackNumber >Brave New World 代表取締役 CEO 小杉 樹彦さん

本音のエッセイ

326号 Brave New World 代表取締役 CEO 小杉 樹彦さん

労働はワクワクする「遊び」

Brave New World 代表取締役 CEO 小杉 樹彦さん

Brave New World 代表取締役 CEO 小杉 樹彦

小杉 樹彦/Brave New World 代表取締役 CEO

左:渡辺義郎(祖父) 右:小杉樹彦(著者)

1986年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 修士課程修了。横浜国立大学大学院 環境情報学府 博士課程後期在籍。専門は経営学(リスクマネジメント、マーケティング)、教育学(キャリアデザイン)。著書『AO・推薦入試の黄本』(新評論)他多数。安全工学会会員。

 私の祖父は今年89歳になる。それだけでも実に素晴らしいことだが、何と今も現役で仕事をしているのだから脱帽である。これまで祖父は建築関係の実業家として長い間、経営に携わってきた。3・11東日本大震災をきっかけに、東北の人々の力になりたいと思うようになり、地盤改良の工法を開発。毎月数回、東京から仙台まで足を運び、自ら積極的に企業や地域の人々に、新たな連携を提案している。いくら元気とはいえ、体力的に負担がないわけがない。しかし、周囲の心配をよそに当の本人は喜んで出かけていく。祖父にとっては、きっと仕事そのものが生きがいになっているのだろう。

 ところで、私はキャリアデザイン関係の仕事柄、高校生と接する機会が多い。高校生の中にはアルバイトをしている生徒も少なくない。私は校則に違反してさえいなければ、それ自体に反対はしない。ただ、興味本位でアルバイトをする理由について尋ねることがある。すると、ほとんどの場合、「お金がほしいから」といった答えが返ってくる。「お金がもらえなかったら、あんなつらいことはしませんよ」と言うのである。

 確かに、お金は大切だ。頑張って働いたなら、その報酬として適正な給与をもらうのは当然のことである。しかし、お金のためだけに働くのは何とももったいないことである。労働には給与以外にも価値を見い出すことができる。お金目当てで、それのみを追求していては、やがてマシンのようになり、労働に幸せを感じられなくなってしまうだろう。

 考えてみてほしい。もし、働くことがつらいことだったとしたら、人生の大半をつらい気持ちで過ごすことになるのだ。働くことが原則的に社会を良くすることであるなら、どうしてつらい思いをしなければいけないのだろうか。

 高校生に限らず、社会人でも働かないで遊んで暮らしたいという人がいる。だが、もし、本当に一生働かずに過ごしたとしたら、労働によって汗水流すことはないが、同時にその人は働く喜びも味わうことができなくなるのである。

 語弊がないように伝えたいが、私にとって労働はワクワクする「遊び」と変わらない。なぜ、働くのか。その問いに対して、答えは十人十色だろうが、私はこう断言している。「楽しいから」働くのである。

 もう一度繰り返す。働くとは、楽しいことである―。さて、あなたはなぜ、働くのだろうか?

BackNumber

(無断転載禁ず)