Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 >エバーライフ新飯塚駅前(福岡県飯塚市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

エバーライフ新飯塚駅前(福岡県飯塚市)

エバーライフ新飯塚駅前(福岡県飯塚市)
建設概要
平成15年10月竣工
鉄骨鉄筋コンクリート造
地上14階建
[総戸数]52戸
福岡県飯塚市
[事業主]ソロン

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

マンションの入り口

マンションの入り口

 当マンションは、2014年ごろから大規模修繕工事に向けて取り組んでいました。しかし、修繕積立金の値上げや、施工業者の選定などで管理会社、理事会、住民間などで意見が割れ、問題が生じていました。そのような中、2016年に理事の選任方法が輪番制から立候補制に変わりました。2016年の新理事会にて、前管理会社が推薦する工事業者よりも安く施工することができる業者を選び、大規模修繕工事を発注しました。すると、前管理会社は、十数年勤めていた管理員を「本人の希望」と称し、近隣で管理するマンションに転勤させ、その後約半年間、非正規の代務の管理員を置きました。

 その他にも数年間にわたる経緯の中で不信感が募り、理事会は前管理会社への信頼関係が壊れたと判断し、昨年度末に管理委託契約を解消し、合人社に管理をお願いすることになりました。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

 輪番制の理事会役員が一回りし、2016年から、理事会役員を自薦・他薦での立候補制に移行することになりました。その際、立候補して、総会の承認を得て、理事の互選により理事長となりました。理事長に就任した年、大規模修繕工事を発注し、皆さんのお力により、無事大規模修繕工事を終わらせることができました。

マンション購入についてのお話をお聞かせください。

エントランス

エントランス

 義母が当マンションに入居し、別の部屋が売り出し中との情報を得ました。私自身はマンションでの生活は気が進まなかったのですが、妻と娘はマンション生活に憧れ、購入に乗り気でした。当時の持ち家は築20年以上で立地も悪く、修繕・補修の見積もりが高かったのと、義母のことも考慮して、購入することに決めました。

 購入の決め手になったのは、新飯塚駅前で公共交通機関の利便性が良いことや、市役所・病院・スーパーが近くにあることです。

 これから、夫婦ともに後期高齢者となるので、バリアフリーなど部屋のリフォームを検討しています。

最近、組合で取り組んでいることや解決されたことがありましたら、お聞かせください。

廊下

廊下

 総会の出席率の低下を危惧する声を受け、9月に第1回女子会を開催しました。居住者の方から、総会などのかしこまった場所でなく、何でも意見を言い合えるイベントを開催したいとの要望を受け、実施に至りました。最終的には十数人が出席し、大盛況となりました。今後も理事会として、居住者同士のコミュニケーションを支えていきたいと思います。

 また、9月の総会では、機械式駐車場の解体撤去が可決されました。前管理会社のころから、将来の点検費およびメンテナンス費が莫大な金額になることから、撤去を協議していましたが、進んでいませんでした。管理会社変更後、フロント担当と連携して、今回の決議をすることができました。さまざまな意見があるため、理解を得られるよう数回に渡りアンケートを実施し、意見の集約を図り、その意見を基に住民集会を実施しました。住民集会に出席できない方には個別で説明会を行うなど、丁寧な説明を心掛けました。

 今後は、防災訓練の実施や、隣接する河川の悪臭対策に力を入れていきたいと考えています。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

マンションからの眺め

マンションからの眺め

 飯塚市は「福岡県のへそ」といわれる筑豊地域の中心地であり、豊かな自然に育まれた遠賀川流域に位置します。

 一昔前は石炭産業全盛期でしたが、現在は「嘉穂劇場」「旧伊藤伝右衛門邸」などが面影を残すのみとなっていました。しかし、飯塚市は平成の大合併により、市域、人口が増加し、活性化が図られ、新飯塚駅周辺を中心に、マンションやレストランといった地域開発が活発化しています。


中山 昭二さん 理事長さんのプロフィール

中山 昭二さん 67才
(なかやま しょうじ)

総合建設コンサルタント企業の理事を勤め、道路、河川等インフラ整備の調査・計画・設計を行っている。
趣味はゴルフと麻雀。
長男と長女は独立し、現在は妻と2人暮らし。

2017年10月掲載