Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > フローラ桂台(横浜市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

フローラ桂台(横浜市)

フローラ桂台(横浜市)
建設概要
昭和51年11月竣工
プレキャストコンクリート造
一部鉄筋コンクリート造
地上3〜5階建(号棟により異なる)
[総戸数]391戸
横浜市
[事業主]大林組

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

管理事務所

管理事務所

 管理会社変更時の役員の方によると、以前の管理会社は、契約内容に含まれている管理業務のサポートが十分でなく、再三改善を申し入れましたが、受け入れてもらえなかったそうです。

 新しい管理会社を選定するに当たっては、大手管理会社4社にヒアリングをし、うち3社から見積もりを入手、そしてプレゼンテーションを受けました。その結果、合人社が管理委託会社として最適であると判断し、総会にて決定しました。

 合人社については独立系ということもあって、他の候補会社だったデベロッパー系列の管理会社と比べ、知名度は低かったのですが、総合受託戸数は多かったですし、プレゼンテーションの内容や管理委託費の面など総合的に判断した結果、合人社に変更しました。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

 フローラ桂台は、22号棟からなる大型団地で、1号棟に1名の役員を選出しています(監事を含めて役員は全員で24名)。その中から理事長を決めるのですが、大型団地の理事長ともなれば責任も重大です。総会後、最初の理事会で役職を決めるのですが、1時間2時間たってもなかなか決まりません。仕事の都合で、土日もあまり時間を取れない中、理事長が務まるのかと不安も多くありましたが、譲り合っていて、一向に決まらないのであれば、「やってみよっか」という思いから立候補しました。

 当マンションの理事会は毎回、役員の出席率が高く、副理事長をはじめ役員の皆さまや合人社からのサポートもあるので、大変助かっています。管理組合も主体的に動いていますし、また合人社からも手助けをしてもらっているので、「協調」した良い管理組合運営ができていると思っています。

 始めは勢いで理事長に立候補しましたが、理事長職を経験させていただき、今は感謝しています。今後もフローラ桂台管理組合が今のような良い形で運営されていくことを願います。

マンション購入についてのお話をお聞かせください。

 マンション購入に当たって、2つの物件を見に行きました。仕事が車通勤ですので、駅から離れても構いませんでしたし、なるべくなら間取りの広い所が希望でした。82平方メートルの3LDKが魅力で、購入の決め手は18畳のリビングダイニングでした。家族からは、駅から近い方がいいという意見もありましたが、自然に囲まれた環境を選びました。

 入居してからは、水回り以外はすべてリフォームしました。広いリビングはお気に入りです。

マンションの共用部分、附属施設などで気に入っているところ、よく利用されるところがありましたら、お聞かせください。

花篭公園

花篭公園

 北側バルコニーとそこにある物置が気に入っています。分別ゴミが置けますし、たくさん物が入る物置は重宝しています。また、マンション敷地内にある花篭公園は、子どもが小さいころ、よく遊ばせていました。

管理組合で取り組んでいることはありますか。

高置水槽

高置水槽

 22号棟からなる大型団地において、造りが違うことから劣化が進行していた1棟の外壁改修を行いました。改修方法や業者は理事会で検討を進めていきましたが、その際には合人社から多くの助言をもらい、改修を無事終えることができました。

 近い将来には残りの21号棟の外壁改修、そして現在、鉄塔上にある高置水槽から給水している方式を、水道本管からの直結方式に変更することを計画しています。どちらもフローラ桂台にとって一大イベントですので、合人社からしっかりフォローをいただき、実施していければと考えています。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

 最寄り駅の大船駅は少し遠く、買い物をする場所も近いとはいえませんが、自然に囲まれており、家族の住まいには最適だと思います。幼稚園・小中学校も近いので、小さいお子さまがいても安心安全な環境です。

 大船駅に出てしまえば、横浜駅まで約15分、東京駅にも乗り換えなしで行けるため、移動には非常に便利です。また、大船駅から江の島までつながる湘南モノレールは、沿線沿いに観光地があるのでレジャーにぴったりです。


茅原 直人さん 理事長さんのプロフィール

茅原 直人さん 46才
(ちはら なおと)

不動産会社勤務。
特技は、どこでも寝ることができることで、筋トレ、スポーツ全般が趣味。義母と妻と3人の息子の6人家族。妻は洋食が得意で、よくケーキを作ってくれる。3人の息子は全員野球好き。

2014年4月掲載