Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > 柏パーク・ホームズ(千葉県柏市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

柏パーク・ホームズ(千葉県柏市)

柏パーク・ホームズ(千葉県柏市)
建設概要
昭和61年9月竣工
鉄筋コンクリート
一部鉄筋鉄骨コンクリート造
地上7階建
[総戸数]58戸
千葉県柏市
[事業主]三井不動産

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

マンション正面

マンション正面

 実は、私は、管理会社の変更に反対でした。当マンションは建築、販売、管理が全て同じ旧財閥系のブランドだったこともあり、多少のコストダウンのために、マンションの付加価値(ブランド)を下げるようなことをしてほしくないと思っていました。

 総会ではコストの問題だけでなく、出納業務方式や現状の業務の問題点なども考慮した上で、賛成多数で合人社に管理が変更となりました。

 変更後の最初の役員として、1年間対応しましたが、管理会社間の引き継ぎも特に問題なくできましたし、コスト的にも前年度比で約200万円の削減ができました。また、前管理会社に「できない」と断られた集合郵便受けの取り替えも、実現できました。いかに前の管理会社が不真面目だったのかを痛感しました。

 フロント担当の横山さんは非常に真面目な方で、フットワークが軽く、組合員の方にも献身的に対応してくださっています。

 結局、名前より中身が大切なんだな、と感じた1年でした。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

 昨年の管理会社変更の際に副理事長をしていましたが、理事長が期中に退去されたため、代理で理事長を任されました。

 そして今年度は、役員の半数改選制に変更したため、残る半分の役員として留任し、協議の結果、理事長になりました。ただ、役員の業務軽減に取り組んでいることから、実はそんなに手間になっていないかなと思っています。これからも、他の理事の方と協力し、更なる省力化に取り組んでいきたいと思います。

マンション購入についてのお話をお聞かせください。

 10年前に中古で購入したのですが、妻の実家や駅に近いことと、広いルーフバルコニーが気に入って購入しました。築年数はたっていたのですが、風呂、トイレがリフォーム済みだったためか、古さを感じなかったのもポイントかもしれません。また、マンションの1階に24時間営業のコンビニがあり、非常に重宝しています。

マンションのお部屋の中で気に入っているところがありましたら、お聞かせください。

 広いルーフバルコニーや角部屋のため部屋が明るいこと、専有面積の割に広く感じるところが気に入っています。また、3DKだった間取りを、壁を取り除いて1LDKにしました。開放的でスペースを有効に使えるようになりました。

 夏には妻の両親を呼んで、手賀沼の花火を見物しています。

管理組合で取り組んでいることはありますか。

集合郵便受け

集合郵便受け

駐輪場

駐輪場

 集合郵便受けの損傷が激しかったこと、サイズが小さく郵便物が溢れている状態が多かったことから、サイズを含めて見直し、取替工事をしました。エントランスがとても明るくなりました。

 また、役員を半数改選制に変更しました。今まで期ごとにリセットされていた業務の把握や課題に継続性を持たせることで、役員業務の負担軽減を期待しています。 

 マンションの住民の方は世代交代していますし、管理会社の変更がありましたので、これを機に今まで慣習的にしていた理事長の業務や課題について再度確認し、明確化した上で次の役員に引き継ぎたいと思っています。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

柏駅

柏駅

 柏市はJR常磐線を通じて、茨城から、そして東京への通勤通学に非常に便利な位置にあります。ここ十数年の間で街の風景もがらりと変わりました。新たにタワーマンションが建設されるなど、並走するつくばエクスプレス沿線に負けず劣らず、発展を続けています。

柏駅周辺のデパート

柏駅周辺のデパート

 マンションの近くにある柏駅前は家電量販店、デパートなどが立ち並び、徒歩圏内で日常の買い物ができるなど非常に便利です。大学や専門学校も多く、夕方になると駅前のデッキでミュージシャンや芸人を目指す若者がパフォーマンスを繰り広げるなど、活気に溢れています。近年、柏市をホームタウンとする、柏レイソルも盛り上がりを見せています。試合の日には、「レイソルロード」と呼ばれるサッカー場までの道が黄色いサポーターでうめつくされます。


鬼頭 伸治さん 理事長さんのプロフィール

鬼頭 伸治さん 45才
(きとう しんじ)

都内のIT関連企業の管理職を務める。妻と息子の3人家族。特技は日曜大工。趣味はスキューバダイビング。夫婦でダイビング旅行(石垣島、グアム、パラオ、セブ島など)に行く。息子と一緒にダイビングできる日を待ち遠しく思っている。写真は家族と。

2014年3月掲載