Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > レインボー木曽川壱番館(愛知県葉栗郡)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

レインボー木曽川壱番館(愛知県一宮市)

レインボー木曽川壱番館(愛知県葉栗郡)
建設概要
平成9年4月竣工
鉄筋コンクリート造
地上10階建/塔屋1階建
[総戸数]112戸
愛知県一宮市
[事業主]一光住宅建設

理事長になられた経緯は?

マンション入口

マンション入口

 当マンションでは、毎年理事会の役員が交代します。当初は副理事長に任命されたのですが、1ヵ月後、事情により理事長に就任することとなりました。

 例年、3月末が収支決算で5月の総会で会計報告をし、その後、理事会の新旧交代が行われていました。本年度からは、それを12月決算とし、3月末の総会で会計報告を行うことにより、4月はじめには理事会の新旧交代ができるようになりました。そのため、本年度の会計報告は9ヵ月分と少なく、理事会の期間も 10ヵ月程度と短くなり、不規則な年となります。

 理事長という職務にあたり、合人社計画研究所の方が協力的なこともあって、考えていたよりも困難はなく、比較的楽な気持ちでさせていただいています。

 今後とも理事会の役員の方や合人社計画研究所とお互い協力し合い、確実に任務を遂行していきたいと考えています。

管理会社を変更された理由は?

 管理会社の変更が決まったとき、私は理事会のメンバーではありませんでしたので、詳しくは分かりませんが、私の覚えているかぎりでは、前管理会社の管理の対応が決してよいものではなかったと記憶しております。合人社計画研究所を選んだ理由は、以前よりも管理費が安くなったこと、全国展開されていて比較的名前が知られていること、対応がよいこと、などが挙げられると思います。最初に合人社計画研究所のプレゼンをお聞きしたとき、会社の概要や業務内容、実績などを説明していただけて、とても参考になりました。

マンション購入の決め手は?

エントランス

エントランス

 決め手となったポイントは4つあります。
 1、角部屋であること
 2、専有面積が広いこと
 3、浴室に液晶テレビがついていること
 4、対面式のキッチン
 以上4点です。

 短期間でこのマンションに決めたのですが、実は衝動的に決めてしまったところがあり、一目惚れです。

お部屋の中で気に入っているところは?

旅行 ニュージーランド

旅行 ニュージーランド

 やはり購入の決め手になった対面式キッチンです。妻がキッチンにいても「face to face」で話をすることができるので、大変気に入っています。

 また、部屋のインテリアでいえば、横幅などの寸法がぴったりのリビングボードが今1番のお気入りです。

共用スペースでのお気に入りは?

 エントランスが気に入っています。私だけかもしれませんが、高級なイメージを受けます。

管理組合で最近取り組んでいることは?

出張 スタンフォード大学

出張 スタンフォード大学

 当マンションは、スペクトル木曽川というマンションと並んで建っているため、これら2つのマンションが水道メーターの大元である親メーターを共同で使用している状態です。そのため、親メーターの下にレインボー木曽川専用の第2親メーターを設置することを検討しており、年内には工事する方向で既に話が進められています。

では、最後に近辺の環境紹介をお願いします。

リビングボード

リビングボード

 1906年の大規模な町村合併により、木曽川町の前身が誕生し、1910年に町名を木曽川町と定め、今に至っています。人口約32000人の小さな町ですが、今回の大規模市町村合併により、将来的に一宮市と合併する予定になっています。

 愛知県の西北端、木曽川が西流から南流へと大きくうねる場所にあり、木曽川、長良川、揖斐川への絶え間ない沖積作用によってできた肥沃な濃尾平野に位置します。

 また戦国時代の武将、山内一豊の生誕の地であり、毎年木曽川町主催で「一豊まつり」が行われています。7月に行われる「一宮七夕まつり」も日本三大七夕まつりの1つとして有名です。

鈴木 浩司さん 理事長さんのプロフィール

鈴木 浩司さん 42才
(すずき こうじ)

三洋電機株式会社の研究開発業務課長。 趣味はスキー、ハイキング、旅行。 ご家族は奥さまと猫が2匹。奥さまは、現在和太鼓に夢中。 休日は、ショッピングや読書、スポーツなどをして過ごす。GWやお盆休みなどの長期連休の時には、旅行に出かけることがよくある。

2004年10月掲載