Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > 労住第5ビル(鹿児島市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

労住第5ビル(鹿児島市)

労住第5ビル(鹿児島市)
建設概要
昭和52年7月竣工
鉄骨鉄筋コンクリート造
地上10階建
[総戸数]60戸
鹿児島市
[事業主]日本勤労者住宅協会業務取扱店 鹿児島県労働者住宅生活協同組合

管理会社を変更された経緯を教えてください。

 昨年10月上旬、前管理会社より管理業務撤退の申し入れがあり、その会社が管理していた8物件の理事長と連絡を取り合い、その内、7物件の理事長で物件を越えた理事長会を結成し検討に入りました。はじめに、理事長の協力を得て地元管理会社を10社程度調査し、その後、県庁建築課へ相談したところ、マンション管理センターを紹介いただきました。また、高層住宅管理業協会に問い合わせ、協会登録業者一覧表を取り寄せるなど、積極的に活動を続けました。

 マンション管理新聞編集者佐藤氏に問い合わせ、安くてよいサービスを提供してくれる会社の紹介依頼をしたところ、紹介いただいたのが、現在管理を委託することになった合人社計画研究所でした。佐藤氏の説明では、独立系の管理会社で近年、その専門的知識に裏打ちされたサービスで非常に伸びている会社とのこと。その後、合人社計画研究所の東京本店より会社資料を取り寄せ、同社を含めた計六社に見積を依頼し、理事長会にて各会社の説明会を開催しました。その後、理事長会で絞った3社による説明会を各管理組合理事会にて実施したところ、7物件の内、5物件が合人社計画研究所に管理を任せることが決定しました。

 決定の決め手となったのは、第三者機関による管理費等保証制度に加入していること、管理費などの口座振替が全国どの金融機関でも対応できること、毎月月間管理報告書が発行されること、以上の3点に大きな魅力を感じたことにあります。

 管理を委託してまだ2ヵ月足らずですが、今後も納得のいくサービスを提供していただけるものと期待しています。

現在、管理組合で取り組んでいらっしゃることは?

 外灯の取替工事や外壁診断は、既に実施しました。また、避難ハッチからの漏水改善のため、ベランダ避難ハッチの取替も実施済みです。現在は、大型改修委員会で提案された工事に取り組んでいます。給湯・排水管取替工事は、今年から3年計画で完了する予定です。そのほか、外壁工事や給水管取替工事なども、今後4年から6年後に実施する予定でいます。そういった大型改修工事のほかにも、老朽化に伴ったエレベーターのリニューアルや、外壁工事費用の資金繰りなどが、管理組合の取り組むべき課題となっています。

 これからも様々な懸案事項が出てくると思いますが、理事会役員の方々を始め、合人社計画研究所の協力も得ながら、住みよいマンション生活を維持していくため、積極的に取り組んでいきたいと思っております。

当マンション購入についてのお話をお聞かせください。

 退職して故郷の鹿児島に帰省したのをきっかけに、当マンションの一室を購入しました。

 購入の決め手は、2階の部屋を選べたことや、窓から見える桜島の風景です。妻は犬か猫を飼いたいと言っていたのですが、私がこの物件を非常に気に入ってしまい、結局妻のほうが折れて、購入にいたりました。

マンションで気に入っておられるところはどこですか?

154/man-154-3.jpg

 和室に床の間があるところが気に入っています。また、リビングのフローリングも、とても気に入ってます。張替えではなく、板材を削っていますので、とてもきれいに仕上がっています。これからリフォームしたいと思っているのは浴室ですね。浴槽が高いので、今後のことを考えると少し心配でもありますから、リフォームして出入りしやすいよう、浴槽を低くしたいと考えています。

当マンションの自慢をお願いします。

154/man-154-4.jpg

 鴨池港がすぐ近くにあり、海岸線を散歩できることですね。気候のよいときは、妻と一緒にのんびりと散歩をして楽しんでいます。鹿児島県庁の18階の展望デッキから眺める桜島や錦江湾は絶景です。











中川 一二三さん 理事長さんのプロフィール

中川 一二三さん 65才
(なかがわ ひふみ)

現在は退職されており、当マンションには奥様と2人で暮らしている。 趣味は、旅行と映画鑑賞。週2回程度鴨池ドーム内のジムにて、体を動かして 汗を流している。 また、新川河口から甲突川河口までの海岸線を散歩している。

2002年3月掲載