高野優さんの「迷える子育て」 高野優さんの「迷える子育て」
育児漫画家 高野 優さん

高野 優さん/育児漫画家

デザイン事務所を経て、フリーのイラストレーターになり、結婚を機に漫画家へ。NHK教育テレビにて「土よう親じかん」(2008年4月〜09年3月)、「となりの子育て」(09年4月〜11年3月)の司会を務め、子育てパパ・ママからの支持も厚い。著書は、「思春期ブギ」(ジャパンマシニスト社)、「よっつめの約束」(主婦の友社)など、約40冊。台湾や韓国などでも翻訳本が発売されている。

公式ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~alamode/

2人目/ほとんど寝てくれない子

ほとんど寝てくれない子

高野優さんが まだまだお答えします

 

子どもがとにかく1日中話しています。家や公園では構わないのですが、図書館やバスなどの静かにしてもらいたい場所でも黙っていることができないので困ってしまいます。(アーネスト晴美台(高知市)はるる)

うちの子は、長女と三女が機関銃系(よくしゃべる!)で、次女が仏像系(いつでもだんまり…)。
子どもの口数が少なかったら少ないで心配だけど、多かったら多いで、これもまた心配。きっと、しゃべりたいことや伝えたいことが、溢れているんだろうね。
機関銃系の2人の場合、公共の場では何度も何度も「今はしーっ! だよ」と言い聞かせていたよ(真面目な顔をするのがポイントかも)。
長期戦だから、どうかあせらないでね。

教育方針は人それぞれだとは思いますが、主人の父母が甘やかします。それどころか、私が怒っていたら、私に怒鳴ってきます。例えば、外食に行った先で子どもがテーブルの上に立つのを注意すると「子どもは元気が一番なのにどうして怒るんだ」と言われます。祖父母とどのように折り合いをつけたらよいのでしょうか。(リベール北野シティタワー(神戸市)ゆーたん)

うーん。ここは悩むところだよね。
もしかすると、厳しくするのが父母の役目で、甘やかすのが祖父母の役目なのかも。
とはいえ、テーブルの上に立つのは、子どもといえどマナー違反。
真正面から「でも、マナー違反ですから!」と言うと角がたつので、「そうですね」とワンクッションを入れたあと、「ちゃんと教えないと、困るのはこの子ですから」と伝えるのはどう?
わたしも、おばあちゃんになったら、べたべたになりそうなので、気をつけなくっちゃ。

 

小学生の子どもに家庭学習の癖をつけさせたいのですが、どのように、また、何年生からしつけをするべきですか?(ジェイシティ鷺ノ宮(東京都中野区)サキ)

子どもたちに家庭学習のクセをつけさせたかった〜!! わたしが、遊ばないと死んでしまう! という勢いの子どもだったので、子どもたちにも思いっきり遊ばせようと育てて17年。
いまさらながら、「遊ぶのも大事、学ぶのも大事」だと痛感中。
きちんと家庭学習のクセがついているお子さんは、早起きしてドリルをしたり、学校から帰ったあと、宿題を終わらせてから遊びにでかけているよ。
早いうちから「習慣」にしちゃうのがコツなのかも。



「迷える子育て」の質問を募集します。子育てに関する悩みをお寄せください。
採用された方には、景品を差し上げます。
住所(マンション名も含む)・氏名・電話番号・年齢・Eメールアドレス(非公開とします)をご記入のうえ、ご応募ください。匿名希望の場合は、ペンネームをご記入ください。イニシャルでも可。
メールアドレスは、編集部からの連絡や、現在月2回のメールマガジンの配信に使います。メールマガジン配信を希望されない場合は、「メールマガジン不要」とご記入ください。
ご記入いただいた個人情報(住所・氏名・電話番号・Eメールアドレス)は、メールマガジンの配信、合人社計画研究所からのご案内などに使用することがあります。
個人情報についてはウェンディ編集部が責任を持って管理いたします。

応募はこちらから

BackNumber