マンション管理の基礎知識

給水設備

給水方式

 マンションで上層階の住戸に水を直接送るには水道の水圧が不足するため、いろいろな設備機器が設けられており、いくつかの方式がとられています。

(1) 直結直圧方式

水道本管の圧力によって、直接供給するものです。主に2階建て以下の戸建住宅で用いられています。

(2) 高置水槽方式

水道本管から引き込まれた水を受水槽にため、揚水ポンプで高置水槽へ揚水します。その後、水の重力による自然流下によって各住戸に給水する方式で、最も一般的な給水方式です。

(3) 加圧ポンプ方式

水道本管からの水を受水槽に受け、加圧ポンプで水栓に直接給水する方式です。ポンプの台数制御、回転数制御を行い、一定の圧力で加圧供給します。

(4) 直結増圧ポンプ方式

水道本管から引き込まれた給水管に指定された増圧ポンプを直結し、給水管内の水圧を増圧して供給するものです。

給水設備の名称と役割

 給水設備についての主な装置・設備の名称と役割について説明します。(図:高置水槽方式)

給水設備 高置水槽方式
受水槽

水道本管から供給された水をいったんためておく槽で、強化プラスチックまたはパネル製が一般的です。その容量は通常マンション全体で一日に使用する水量の40~60%の水量をためておけるよう設計されています。

揚水ポンプ

受水槽の水を高置水槽へ上げる(揚水)ためのポンプです。

高置水槽

屋上にある塔屋の上や給水塔に設置されており、高所に貯水し重力により水を住戸へ供給するための槽。強化プラスチック製が一般的です。


<<管理組合法人について 排水設備 >>