Wendy-Net トップページ > マンション管理の基礎知識 > 管理費・修繕積立金について

マンション管理の基礎知識

管理費・修繕積立金について

管理費・修繕積立金とは?

 管理費と修繕積立金はその使われる目的に違いがありますので、それぞれ分けて経理処理をする必要があります。
 管理費とは、「敷地および共用部分等の通常の管理に要する経費」とされ、その使われる目的についてマンション標準管理規約では以下のように記載されています。

 01.管理員人件費
 02.公租公課
 03.共用設備の保守維持費および運転費
 04.備品費、通信費その他の事務費
 05.共用部分等に係る火災保険料その他の損害保険料
 06.経常的な補修費
 07.清掃費、消毒費およびゴミ処理費
 08.委託業務費
 09.専門的知識を有する者の活用に要する費用
 10.地域コミュニティにも配慮した居住者間のコミュニティ形成に要する費用
 11.管理組合の運営に要する費用
 12.その他敷地及び共用部分等の通常の管理に要する費用

 修繕積立金とは、長期修繕計画に基づく修繕費等などの特別の管理に要する経費のことで、マンション標準管理規約においては、その使われる目的は以下の場合に限定されています。

 01.一定年数の経過ごとに計画的に行う修繕
 02.不測の事故その他特別の事由により必要となる修繕
 03.敷地及び共用部分等の変更
 04.建物の建替えに係る合意形成に必要となる事項の調査
 05.その他敷地及び共用部分等の管理に関し、区分所有者全体の利益のために特別に必要となる管理
 06.01~05の経費に充てるために借入れをした場合、その償還金

各区分所有者の負担する管理費・修繕積立金の設定方法

 一般的に、管理費等の負担は各区分所有者の所有する住戸の専有面積の大きさに応じて設定されます。
 国土交通省のマンション標準管理規約では、「管理費等の額については、各区分所有者の共有部分の持分に応じて算出するものとする。」とあります。また、共用部分の持分については、区分所有法第14条第1項で「規約で別段の定めをしている場合を除いて、その有する専有部分の床面積割合による」と定められています。
 各管理組合の管理規約に、管理費・修繕積立金の負担の設定方法については記載がありますので確認してみると良いでしょう。


<<重要事項説明について 共用部分とは >>