マンション管理の基礎知識

重要事項説明について

重要事項説明の趣旨

 重要事項の説明については、マンション管理の適正化の推進に関する法律第72条に記されています。第72条の目的は、管理組合がマンション管理業者との管理受託契約締結の意思決定をする前に、マンション管理業者が、管理受託契約に係る重要な事項について、あらかじめ書面を交付して説明することによって、管理組合に管理受託契約の範囲や内容等についての検討と理解の機会を確保しようとするものです。

説明すべき重要事項

 重要事項として説明すべき事項は、マンション管理の適正化の推進に関する法律施行規則84条に次のように規定されています。

 01.マンション管理業者の商号又は名称、住所、登録番号及び登録年月日
 02.管理事務の対象となるマンションの所在地に関する事項
 03.管理事務の対象となるマンションの部分に関する事項
 04.管理事務の内容及び実施方法(法律第76条の規定により管理する財産の管理の方法を含む。)
 05.管理事務に要する費用並びにその支払の時期及び方法
 06.管理事務の一部の再委託に関する事項
 07.保証契約に関する事項
 08.免責に関する事項
 09.契約期間に関する事項
 10.契約の更新に関する事項
 11.契約の解除に関する事項

管理受託契約の態様と重要事項説明

 マンション管理業者は、管理組合と管理受託契約を締結しようとするときは、管理組合が管理受託契約の締結に係る総会での採決を行う前に、管理者及び区分所有者等全員に重要事項説明書を交付し、説明会において、管理業務主任者から説明を行わせることが義務付けられています。
 重要事項説明会を開催して重要事項説明を行う場合には、説明会の1週間前までに、説明書と説明会の日時及び場所を記載した書面を交付するとともに、マンションの掲示板などの区分所有者等及び管理者等の見やすい場所に、説明会の開催の日時及び場所について掲示をする必要があります。
 また、従前の契約と同一の条件で更新する場合においては、区分所有者等全員に重要事項説明書を交付し、管理者等に対し、管理業務主任者から説明を行わせることとされていますが、この同一条件による契約更新の場合には、説明会を開催することまでは求められていません。


<<管理規約について 管理費・修繕積立金について >>