管理に関するFAQ

修繕工事

総会で決議された玄関扉改修工事を拒否する区分所有者がいる場合

管理組合の理事長をしています。各住戸の玄関扉の老朽化が目立ってきたことから、玄関扉にリフォームシートを貼る改修工事を総会に諮ったところ、賛成多数で決議されました。ところが、ある区分所有者が「玄関扉は現状で問題ないため、工事は必要ない。」として工事を拒否し続けています。その住戸だけ玄関扉が改修されないと、建物全体の見栄えも悪くなってしまいます。管理組合としてどのような対応を取ることができるでしょうか。

 総会は、管理組合の構成員である区分所有者の多数決で決定される区分所有者団体の最高の意思決定機関としての役割を担っています。区分所有者は、例え反対意見をもっていたとしても、総会の決議事項に従わなければなりません。
 まずは、工事を拒否している区分所有者と理事会との間で話し合いの機会を持ち、管理組合における総会の役割および今回の工事内容について理解を求めるのが良いでしょう。
 どうしても納得いただけない場合、管理組合は、工事を拒否する行為を区分所有者の共同の利益に反する行為とし、総会の決議をもって、当該区分所有者に対して工事に協力するように請求することができます。(区分所有法第57条)
 それでも、工事に協力いただけない場合、管理組合は、総会の特別決議により、専有部分の使用禁止の請求(区分所有法第58条)についての訴訟を提起することも考えられます。
 とはいえ、同じマンションの区分所有者に対して、このような法的措置に踏み込むことは、相当な時間とコストがかかる上、裁判で決着がついたとしても後味の悪いものになることも考えられますので、慎重に検討すべきでしょう。
 当該住戸の玄関扉は施工せずにいったん工事を完了させた上で理解を求めることや区分所有者の変更時に改めて交換を実施するなどの現実的な対応を取るケースもあるようです。

編集/合人社計画研究所法務室 監修/桂・本田法律事務所 本田兆司弁護士
2016年1月掲載

質問の一覧に戻る