編集部からのご回答

設備

省エネ給湯器について

省エネルギーの給湯器について、どのような物があるか教えてください。

省エネルギー対応の給湯器として、自然冷媒ヒートポンプ給湯機や潜熱回収型ガス給湯器が挙げられます。

まず、自然冷媒ヒートポンプ給湯機とは大気中の熱で湯を沸かす給湯器であり、冷媒としてフロンではなく二酸化炭素を使用します。加熱効率が高いことや、深夜電力利用の場合は、光熱費が抑えられるというメリットがあります。

次に、潜熱回収型ガス給湯器とは、ガスの熱で給水を温める際、従来では排出していたガスであらかじめ予熱するため、加熱効率が高い給湯器です。ガス使用量が減るため、二酸化炭素排出削減と光熱費削減になります。

(2011年3月掲載)

回答の一覧に戻る

防犯対策に有効な窓ガラスについて

防犯対策に有効な窓ガラスについて教えてください。

防犯対策に有効なものとして、合わせガラスが挙げられます。合わせガラスとは、2枚のガラスの間に中間膜というフィルムがあり、外からハンマーなどでガラスを割られても、簡単には割れない性質を持っているものです。この性質から、防犯ガラスと呼ばれたりもします。

ただ、マンションの窓のガラス部分は共用部分となるため、個人で勝手に変更することはできません。変更には組合での決議が必要です。

ちなみに、網入りガラスが防犯対策用と思われていることもありますが、網入りガラスは災害時にガラスが飛び散らないことを目的にしているので、防犯としての機能はあまり期待できません。

(2011年1月掲載)

回答の一覧に戻る

マイコンメーターとは

マイコンメーターとは何ですか?

マイコンメーターとは、ガスの計量器としての機能はもちろん、ガス設備の安全システムを担うものでもあります。

ガス漏れ警報機やマイクロコンピューターに正常なガスの使用パターンを記憶させ、使用状況を常に監視しています。そして、ガスの異常放出や震度5以上の地震を感知すると、危険と判断し、自動的にガスの供給を停止したり、警報を表示したりします。 

(2010年11月掲載)

回答の一覧に戻る

エコガラスについて

「エコガラス」という複層ガラスがあり、省エネ効果が高いと聞きました。従来の複層ガラスとどのような違いがあるのでしょうか。

エコガラスは、一見、普通の複層ガラスと同じに見えますが、複層ガラスの中でも特に高性能なガラスであり、CO2の削減に貢献するガラスです。価格は一般の複層ガラスの1.6倍~1.7倍程度しますが、その性能は目を見張るものがあります。

従来の複層ガラスと「エコガラス」の大きな違いは、ガラスの内側にある特殊な金属の膜です。この金属膜が従来品と比較して優れた断熱性能(冬場の室内の保温)と遮熱性能(夏場の太陽熱の遮断)を生み出しており、住宅で使用することによって、窓ガラスからの熱の出入りを防ぎ、室内を快適に保つとともに、暖冷房の効率を上げることで、1年を通して快適な暮らしを支え、光熱費の節約にも貢献しています。

(2009年1月掲載)

回答の一覧に戻る