カフェ・ポンテが公開するレシピ

ミニトマトのカッペリーニ

ミニトマトのカッペリーニ

トマトは青いうちから流通することが多いのに対し、ミニトマトは赤くなってから流通します。
そのため、ミニトマトの方が熟れているので、しっかりとした風味をひき出せます。
ミニトマトは皮がしっかりとしているので湯むきをしましょう。
ソースは作りやすい分量です。余ったソースはトンカツやパンなどにのせても。

材料(2人分)

カッペリーニ
100g
1.5リットル
23g
<ソース>
 
ミニトマト(大きめ)…380g
オリーブオイル…60㏄
赤ワインビネガー…15cc
(お好みで酢またはレモン汁でも)
ハチミツ…小さじ1/2〜1
塩…小さじ1/2
黒コショウ…少々
バジル…少々
  1. 水と塩を入れて沸かした鍋に、ヘタを取ったミニトマトを入れる。

  2. すぐにザルにあげ、冷水につけ湯むきし、1/4にカットする。皮の裂け目から包丁を入れるとむきやすい。

  3. ②を密閉容器に入れて、残りのソースの材料を入れる。バジルは手でちぎるとより風味が出る。

  4. 密閉容器をシェイクして、乳化させる。冷蔵庫で30分ほど冷やす。

  5. ①で使ったお湯でカッペリーニを茹でる。氷水でしめるため、袋に記載してある茹で時間より1分長めに茹でる。

    カッペリーニは半分に折って茹でると食べやすい。

  6. カッペリーニを氷水の中でかき混ぜながらよく冷やす。水気をしっかり切り、さらにキッチンペーパーで再度水気を取る。

  7. ⑥に④(半量程度)を合わせて、皿に盛る。お好みでバジルやモッツァレラチーズを乗せても。

(無断転載禁ず)

レシピ

Wendy 定期発送

110万部発行 マンション生活情報フリーペーパー

Wendyは分譲マンションを対象としたフリーペーパー(無料紙)です。
定期発送をお申込みいただくと、1年間、ご自宅のポストに毎月無料でお届けします。

定期発送のお申込み

マンション管理セミナー情報

お問い合わせ

月刊ウェンディに関すること、マンション管理に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連リンク

TOP