Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 >ペガサス北松戸(千葉県松戸市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

ペガサス北松戸(千葉県松戸市)

ペガサス北松戸(千葉県松戸市)
建設概要
昭和49年12月竣工
鉄骨鉄筋コンクリート造
地上10階建
[総戸数]45戸
千葉県松戸市
[事業主]岡崎不動産

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

エントランス

エントランス

 管理会社変更前は、管理員が住み込みで、24時間対応という安心感が大きなポイントでした。しかし、1990年代にバブルが崩壊。管理コストの削減をはかるため、管理会社を見直し、2001年から合人社計画研究所に管理を委託しています。あわせて管理員も住み込みから通勤に変更しました。管理会社変更当時は、組合員も若い人が多く、総会などの会合は、ほとんどの組合員が参加し大変盛り上がっていました。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

屋上

屋上

 バブル全盛時代には、理事長を喜んでやってくれる人が大勢いましたが、バブル崩壊後は、所有者の世代交代が進み、居住する組合員が減少し、役員のなり手不足が深刻化してきました。そこで、役員の人数の削減を行い、監事も含め、4名としました。さらに輪番とし、6、7年に1度、役員が回ってくるようにしましたが、なり手不足はさらに深刻になっています。

 私が理事長を務めるのは、今回で3回目です。8月に総会が開催されたのですが、コロナ禍の真っただ中で、総会は当日出席を自粛することにし、議決権行使書による書面決議が行われました。

 役員互選についても、3密を避けるべく、理事会の開催ではなく、役員内諾書による書面決議にするなど、異例づくしでした。

マンション購入についてのお話をお聞かせください。

 JR北松戸駅から徒歩3分というのが最大の魅力でした。都内へのアクセスが非常に良いことが当マンションの購入の決め手です。

 今も、駅に近いという点が評価され、売買が活発で、特に賃貸用としての市場評価が上がっているようです。

組合で取り組んでいることなどをお聞かせください。

宅配ボックスと消毒液

宅配ボックスと消毒液

 コロナ禍において、幸いなことに、居住者から感染者がでたという話は聞きません。3年前に宅配ボックスを設置しましたが、その宅配ボックスの上に、消毒液を常時配置することによって、先手でコロナ対策をすることができました。

 今後の理事会運営についても、世の中ではテレワークが急速に普及し、働き方改革が進んでいる状況を見ると、理事会もテレワークと言いたいところですが、パソコンを持っていなかったり、操作方法が分からなかったりなど、問題は多々あると思われました。

 ところが、役員の皆さんと話をしてみると、意外とSNSが普及していることが分かりました。友人、家族、お孫さんとの連絡で利用されており、理事会運営にもSNSを活用できることに気が付いたのです。利用者が多ければ、操作方法が分からない人がいた場合も教え合うことができるというメリットもあります。

 早速LINE上に「ペガサスグループ」のトークグループを作ったところ、数分で、役員全員が参加。議事録内容をアップし、みんなでああだこうだと書き込み、あっという間に議事録の確認が完了したのです。本業ですぐに参加できない場合でも、理事会の推移を後で確認することもできます。

 LINEではテレビ電話も可能です。今後は、3密を避けるべく、書面回覧やテレビ電話などを活用した理事会運営を模索していきたいと思います。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

国道側の植栽。ウィルトニー(アメリカハイビャクシン)

国道側の植栽。ウィルトニー(アメリカハイビャクシン)

 国道6号線に面しているので、東京都内へも車で15分程度です。国道6号線沿いには、店が軒を連ねており、買い物で不自由することはありません。

 国道を挟んだところには、龍善寺があり、参道の下に首切り地蔵の祠があります。言い伝えによると何度お地蔵様を新しくしても、首がなくなるということで、今のお地蔵様は3代目とのこと。松戸のミステリーです。


岡野 滋さん 理事長さんのプロフィール

岡野 滋さん 
(おかの しげる)

東京都目黒区生まれ。東京の大学院を卒業後、大手印刷会社に就職し、研究員として、情報記録材料などの研究をしてきた。30代で結婚。40代で当マンションを購入した。

2020年11月掲載