Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > マンションリフォームの基礎知識(マンションの構造形式)

Mansion Reform

マンションリフォームの基礎知識

マンションの構造形式

マンションは、構造、施工の形式によってリフォームを行う際に制限がありますので、実情をよく把握しておく必要があります。今回はその一般的な構造形式をご紹介しますので、お住まいのマンションがどれに当てはまるか、ご自分の描いたリフォームにあっているかを検討してみてください。

マンションの構造分類

 マンションの構造は、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨造(S造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、などがありますが架構形式(空間を作る為の柱や壁の組み方)により、ラーメン構造と、壁式構造戸に大別することが出来ます。

(1) 広い空間がとれるラーメン構造

ラーメン構造

 ラーメン構造とは、剛接合(ボルトや溶接などで強固に溶接する方法)することで、一体化した柱や梁の枠を作り、荷重を支えるものです。広い空間を設けることが出来るので、住戸内の間取りの自由度が高い構造といえます。

 ただし、室内に柱型や梁型が出てしまうのが難点といえます。(最近は柱型や、梁型が出ないよう設計したものもあります。)

(2) 室内がすっきりした壁式構造

壁式構造

 壁式構造は、耐力壁(柱や梁の代わりに建物の荷重を支える壁)を均等にバランスよく配置することで、建物の荷重を支えるものです。柱や梁を持たないため、室内がすっきりしますが、耐力壁が住戸内にも配置されているため、間取りの変更の自由度はあまり高くありません。

 構造上、高層住宅(5~6階以上の建物)にはこの方式は採り入れられていませんが、住戸内の間仕切りに使用されている壁には、撤去することが出来ない厚い耐力壁と、撤去することが出来る薄い壁とがありますので、リフォームする際は事前に調べておくことが必要です。


<<マンションリフォームの注意点 マンションの設備方式 >>