Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > マンションリフォームの基礎知識(マンションリフォームの注意点)

Mansion Reform

マンションリフォームの基礎知識

マンションリフォームの注意点

分譲マンションではリフォームの際、一戸建てと違い様々な制約を受けることとなります。今回はリフォームの際に手を加えることの出来る範囲や注意が必要な点など基礎知識をご紹介します。

リフォームの可能範囲

 マンションでは1つの建物の中で複数の所有権を認めているために、区分所有権の及ぶ、『専有部分』とそれ以外の『共用部分』に分けることが出来ます。このうち手を加えることが可能なのは『専有部分』ですが、全てのリフォームが出来るわけではありません。マンションでは規模、構造、立地に応じた管理規約が定められています。規約によってはリフォームに関し、可能な工事内容や、禁止事項を明示している場合がありますので必ず確認するようにして下さい。

共用部分の改造は不可

 躯体、共用配管、配線、共用スペースといったマンション全体に関わる共用部分には手を加えることは出来ません。躯体とは建物の主要構造部分のことであり、柱、梁、壁、床、天井でコンクリートなどでできている部分を指します。配管、配線のうち専有部分内にある枝管、支線は専有部分となり、パイプスペース内にある縦配管は共用部分となります。

共有部分と専有部分

※一般的な例
専有部分……コンクリートなどの構造体で囲まれた内側の部分(住戸部分)
専用使用権…共用部分を排他的に特定の人が使用できる権利のこと。
         バルコニーや専用庭などがある。
共用部分……構造体部分等


<<リフォームを成功させるために マンションの構造形式について >>