Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > リフォームを成功させるために

Mansion Reform

リフォームを成功させるために

リフォームしたい場所と理由を明確にして、家族全員で話し合う

リフォームは新築と違い、古いものを壊して新しくするので、新築より大変なことがたくさんあります。
「してよかった」と言えるために、5つのポイントをしっかりおさえてはじめましょう。

リフォームを成功させるためのコツをお教えします!

マンションのリフォームを希望される理由の多くは、
 ・設備が古くなったり、壊れてしまった
 ・現在の暮らし方と、間取りや設備が合わなくなってきた
 ・もっと素敵なインテリアを楽しみたい
 ・新しい設備機器を導入したい
 ・中古マンションを購入したので
などがありますが、大切なことはそこに暮らす家族全員で話し合うことです。
家族みんなに使いやすく快適であることや、将来のライフスタイルも考えてリフォームしたい箇所と理由をはっきりさせます。


信頼できる業者を選ぶ

リフォームのすべてがかかっているといっても過言ではないほど、重要なことです。
リフォームの内容によって業者選びも異なりますが、マンションは色々な規約が多くありますから、マンションの建設業者や、マンションリフォームに慣れているところがいいでしょう。
さらに、施主の意見をよく聞いて相談に乗ってくれる信頼の置けるところを選びましょう。

希望箇所に優先順位をつける

家族みんなの意見が出そろったら、 リフォームの希望箇所に優先順位をつけます。つぎに、業者の人の意見も交えながら具体的にプランニングをしていきます。その際、マンションの規約をしっかり確認します。設備機器や壁紙などは カタログだけでは、実際のものと色やイメージが違っていることがあるので、 ショールームや展示場などをしっかり参考にすると良いでしょう。

予算を立て資金計画をする

リフォームは新築に比べて、着工後に予測できないことが起こることがよくあるので、予算にゆとりを持たせます。
通常、総工費の10~20%の追加分を考慮に入れます。
見積もった工事費以外の諸経費(例えば、機器の変更、施工業者の方への茶菓代、駐車場の料金など)も、考えておきます。
予算をかける優先順位も考えておくと、トラブルが少なくなります。

工事の時は、管理規約や隣近所に配慮する

マンションは集合住宅ですから、自分だけの都合で工事は出来ません。
トラブルなくリフォームをするためには、事前にマンションの管理規約をよく読んで、管理組合に報告や相談が必要です。
その際、隣近所への配慮も忘れないようにしましょう。


リフォームは、通常生活をしているところへ様々な施工業者が毎日入ってする工事ですから、工事をする人、お隣さん、住んでる人のみんながいい関係であることが大切です。
気持ちよく仕事が出来る環境づくりは、あなたの仕事です。 いい環境といい関係でリフォームを成功させてください。


マンションリフォームの注意点 >>