Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > マンションの和室

Mansion Reform

部屋

マンションの和室

 近年、生活スタイルの変化からマンションの和室が少なくなっているようです。椅子とテーブルの生活が定着して、くつろぎの場所もフローリングやカーペットにソファを置いたスタイルが多いようです。

 茶の間という言葉もあまり聞かれなくなってきた昨今ですが、日本人、特に50代以上の方には畳が落ち着くという方も少なくありません。しかも年を重ねると、床に直接座る動作と、座った状態から立ち上がる動作が負担になるのも事実です。

 そこでおすすめの和室を紹介しましょう。それは、畳の床を30センチ程度上げるもので、ベンチの様に使用することで、立ったり座ったりが楽になります。一部屋全体を高くするのではなく、必要な部分(2畳ないし3畳分)を高くすれば、中に掘りこたつを設けることもできます。場合によっては、床下を収納にすることも可能です。ただし、床を上げることにより、その部分の天井の高さが低くなってしまうので注意が必要です。

 10~15年後を見据えて、ライフスタイルに合ったリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。