Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 「上吊式引き戸」のご紹介

Mansion Reform

部屋

「上吊式引き戸」のご紹介

「上吊式引き戸」

 「上吊式引き戸」とは扉を上から吊ることで、床面にレールの設置を必要としないドアです。段差が発生しないこともあり、車椅子の出入りが多くある病院や福祉施設で設置されているのを目にします。バリアフリーの観点以外にも、レールがなく、隣室との一体感が生まれるなどのデザイン性からも、最近は既存のドアを「上吊式引き戸」へリフォームする方が増えてきているようです。

 リフォームに際しては前回ご紹介した「アウトセット引き戸」と同様に扉を引込むスペースがあり、扉を沿わす壁にコンセントなどの障害物がないなどの注意点があります。検討にあたってはお近くの工務店やリフォーム業者へお問い合わせください。