Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > アウトセット引き戸へのリフォーム

Mansion Reform

部屋

アウトセット引き戸へのリフォーム

アウトセット引き戸へのリフォーム

 最近「開き戸」を「引き戸」へ変更するリフォームをされる方が多いようです。「開き戸」は開閉の際に、押したり引いたりの動作が必要であったり、開いた際に扉が人にぶつかったりといった危険があるのに比べ、「引き戸」は「開き戸」に比べて開閉動作や危険が少なく、お年寄りや小さなお子さまにも優しく、開けっぱなしにしていても邪魔にならないといった利点があるからでしょう。

 ところが「引き戸」へのリフォームには扉を開いた際に扉の本体を納める戸袋と呼ばれる部分が必要となるので、袖壁の工事が必要で意外と大変なリフォームになります。

 今回ご紹介する「アウトセット引き戸」は戸袋を設けずに、壁と床にレールを取り付け、扉を壁に沿わすように開けるようにすることで、戸袋の設置が不要となり、簡単にリフォームが可能となるものです。設置には扉を開けるスペースがあり、扉を沿わす壁にコンセントなどの障害物がなく、壁と床にレールが取り付けられる必要があります。

 ライフスタイルに合わせて「引き戸」へのリフォーム、検討してみてはいかがでしょうか。検討に際してご不明な点がありましたら、お近くの工務店やリフォーム業者へお問い合わせください。