Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 「縦軸回転スライドドア」のご紹介

Mansion Reform

部屋

「縦軸回転スライドドア」のご紹介

 「縦軸回転スライドドア」とは、ドア本体がスライドしながら壁に沿うように開く構造となっているドアで、「開き戸」に比べて開閉の前出スペースが約半分で納めることができるものです。ドアの開閉時には、その前出により通路がふさがれたり、不意にドアを開けた際に廊下を通る人にぶつかる危険がありますが、「縦軸回転スライドドア」であれば「開き戸」に比べて前出スペースが減り、これらの危険が少なくなります。また「開き戸」では車椅子を使用されている方が開閉される際に、ドア本体と車椅子が接触してしまい、スムーズに出入りができない場合がありますが、「縦軸回転スライドドア」であれば、前出スペースが減り、このような負担も軽減されます。

 大掛かりな工事を必要とせずに既存のドアとの取替ができるユニットタイプの商品も発売されています。また建具メーカーなどのショールームで体験できる場所もありますので、実際に体験されるといいでしょう。



(左:イメージ 右:構造図)

(左:イメージ 右:構造図)