Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 両側から押して開けるドア

Mansion Reform

部屋

両側から押して開けるドア

 マンションの住戸室内出入用扉の開閉形式は、ほとんどが開き戸で部分的に水廻りの部屋に引き戸としているのが一般的です。折れ戸は使用勝手、安全性の面で出入口に使用するには不向きで、今まではクローゼット用の扉のみに使用されていました。今回紹介する扉は前からでも後ろからでも軽くハンドルを押すだけで開けることが可能となる折れ戸です。両手が塞がっている状態での使用や、高齢者・体に不自由な方でも比較的容易に扉を開くことができます。引き戸にしたいと思っても引き込み代がない、開き戸では開閉スペースが邪魔になるなどの問題を解決できる可能性のある扉で、この扉は次の特長があります。

1.新開発の樹脂製ギアにより、前からでも後ろからでも軽くハンドルを押すだけで開けることが可能です。
2.折れ戸のため、開閉スペースは開き戸の約半分程度に済み、廊下など限られたスペースを有効に活用できます。
3.床レールが不要なので、段差がなく高齢者や車いすの方でも安心して使用できます。
4.2枚の扉の境目にあるセンターポールは、回転運動しないため、折れ戸にありがちな指はさみの心配がほとんどありません。小さなお子さまがいる場合でも安心です。

 この商品バリエーションは部品のみの部品セットと、扉・枠までセットになったユニットセットがあります。ユニットセットでは5種類の扉カラー(オレフィンシート貼)と3種類の枠開口寸法・3種類の枠見込寸法がそれぞれあり、それらを選択できるシステムとなっています。特注寸法(枠外W:750mm~1200mm×外枠H:2400mmまで)での発注も可能となっています。

 この扉は建築金物の総合企業である杉田エースが今年開発し販売を始めています。

 カタログでの材料費のお値段は、規格寸法で1ユニットあたり材料費17万円(運賃・施工費・消費税別)となっていますが、詳しくは工事を行う工務店などで確認してください。



221-1.jpg
前から押して開く 後ろから押して開く
221-2.jpg
折れ部分詳細