Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 「パネル間仕切 プレイス」1つのパネルで2つの機能

Mansion Reform

部屋

「パネル間仕切 プレイス」1つのパネルで2つの機能

re-182

「引き戸」…簡単に開閉でき、ふすまのように出入りができる

 立川ブラインド工業より、「パネル間仕切 プレイス」が発売されました。空間を“仕切る”ための「引き戸」と“つなぐ”ための「折れ戸」の機能を、可動式間仕切として1つにした「パネル間仕切  プレイス」。空間を「仕切る⇔つなぐ」が自由自在で、新しい「場―PLACE」を提供します。

 (1)「家族のつながり」の場~開放的なリビングとダイニング。
リビングとダイニングの行き来も簡単です。クリアーな採光窓は、隣の部屋にいる小さな子どもにも、いつも目配りができて安心。

“つながり”を大切にする、そんな家族にぴったりの「パネル間仕切プレイス」です。

re-182
re-182

 (2)「家族のだんらん」の場~簡単リフォームでリビングと和室をつなぐ。
時には自分の趣味に没頭する時間を大切にしたい。お客さまが来たときの泊まり部屋が欲しい。でも普段はリビングとひと続きで広々と使いたい。簡単に折りたためて、しかも壁面にすっきり収納できる「パネル間仕切 プレイス」なら、こんな希望も叶えてくれます。

 (3)「家族のプライベート」の場~子どもの成長に合わせて、仕切る、つなぐ。
小さいころは2人一緒の子ども部屋。大きくなったら2つに仕切ってそれぞれの部屋に。だけど一緒に遊んだり、一緒に勉強したりするときにはあっという間に1つの部屋に戻せる「パネル間仕切 プレイス」なら、お互いのプライバシーを守りながら、コミュニケーションも図れます。

リビングと和室をつなぐ

リビングと和室をつなぐ

 そして子どもたちが独立したら、またもとの1つの部屋として。子ども部屋に限らず、あらゆる年代の人たちのさまざまなライフステージの変化に対応して、1つの住空間をいつまでも大切にします。

 機能としては、フラットガイドレールタイプの使用により露出レールで段差3mmを実現。パネルの重さを下で支える仕組みなので、大掛かりな天井補強工事も不要。リフォームでも簡単に広々とした空間を創れます。また製品の高さが2.7mまで対応できます。

 パネルタイプは5つあり、カラーはモダンからナチュラルまで選べる6色。また、採光窓の透け感はフロスト調(半透明)とクリアー(透明)から選べます。