Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > ロールスクリーンの活用術

Mansion Reform

部屋

ロールスクリーンの活用術


(a)

キッチンとダイニングの間仕切り

(d)
キッチンとダイニングの間仕切りとして利用すれば、突然の来客にも便利

ロールスクリーンを窓に取りつける場合は、クレセント(窓の開閉用のつまみ)の出幅を考慮して

左下(c)右上(b)
ロールスクリーンを窓に取りつける場合は、
クレセント(窓の開閉用のつまみ)の出幅を考慮して

写真提供/Textile MURAI

 キッチンをリフォームしたこのご家庭では、「古い冷蔵庫を捨てたくない」というおばあちゃんの強い要望をかなえて、間仕切り壁の横の奥まったスペースに冷蔵庫を置くことになりましたが、お部屋の色調とはどうしても合いません。そこで、お部屋のクロスと同色のスクリーンを取り付けることに。おばあちゃんも簡単に上げ下げして冷蔵庫を利用でき、お部屋の色調を保つこともできました。

 このロールスクリーンを取りつける際、天井に下地がなかったので、テンションタイプの取りつけ具を壁側に取りつけ、それにロールスクリーンを正面づけしています。

 コンパクトにおさまるロールスクリーンの特徴を活かして、小さな窓にはロールスクリーンを、大きな窓にはカーテンを利用して、同じ布地で違うスタイルを楽しんではいかがでしょう。

 また、ロールスクリーンは間仕切りとして活用することもできます。布地をはずして洗えるタイプもあるので、キッチンの雑多な様子を隠すのに手軽に利用することもできます。

データ

材料費
(a)28,020円(取りつけ具込、仕上寸 幅63cm×長さ245cm)
(b)27,900円(仕上寸 幅120cm×長さ160cmの場合)
(c)34,900円(仕上寸 幅120cm×長さ160cmの場合)
(d)24,000円(仕上寸 幅120cm×長さ160cmの場合)