Mansion Reform

窓・壁・床・屋根

壁の仕上げ

 部屋の壁仕上げには、壁紙(クロス)貼り、塗装、左官仕上げ、木仕上げ、タイル仕上げと、さまざまな方法があります。部屋の目的や費用に合ったものを選びましょう。

 「壁紙」ではビニールクロスが最も多く、施工しやすく低コストで、種類も豊富、汚れもふき取ることができ人気です。布クロスは素材感や高級感があり、天然素材のものであれば化学物質に不安がある方にも安心です。しかし、ビニールクロスと比べると割高です。漆喰などの仕上げを紙に施した無機質クロスは、手軽にその雰囲気を楽しめます。薄いので下地が浮かび上がりやすいので注意が必要です。

 「塗装」は刺激が少ない水溶性の塗料を使うことがほとんどです。壁紙から塗装に変更するときには、下地処理に手間はかかりますが、平坦塗りやパターン塗り(凹凸仕上げ)など壁面のテクスチャーを楽しむことができます。

 「左官仕上げ」は、一般的に和室には聚楽(じゅらく)壁、洋間には珪藻土壁が用いられます。珪藻土壁は軽く断熱性に富み、さまざまな仕上げができますが、固着させるための合成樹脂などシックハウスの影響のチェックが必要です。どちらもデメリットとしては、汚れやすく、擦れに弱く、補修が難しいことです。

 「木仕上げ」は部分使いで十分にテイストが楽しめます。窓や扉のない壁面の部分張りであれば工事は簡単ですが、室内全体を木壁にする場合は窓や扉回りが難しく、時間、費用も相応に必要です。

 壁と合わせて、照明やインテリアなどを変えると、部屋の雰囲気はガラリと変わるので、検討してみてはいかがでしょうか。