Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > ガラス窓フィルム

Mansion Reform

窓・壁・床・屋根

ガラス窓フィルム

 ガラス窓は太陽光を室内に取り入れ、開放的な雰囲気にしてくれます。しかし、日差しが強くなると、室内の温度の上昇や家具、カーペットの日焼けの恐れがあります。そこでカーテンではなく、遮熱や紫外線防止などの効果があるガラス窓フィルムを貼ってみてはいかがでしょうか。

 フィルムは種類で効果が違ってきますので、目的に合わせて選びましょう。種類によっては複数の効果が得られるものがあります。

 遮熱効果(赤外線カット)のあるフィルムには、窓際の温熱環境を改善し、快適性を保ち、省エネ・節電効果が期待できます。

 紫外線(UV)カット効果のあるフィルムは家具の退色だけでなく、日焼けを防ぎます。ガラス飛散防止フィルムや、防犯効果の高いハードコートフィルム(割れにくくなり、侵入者を防ぐ)もあります。虫をひきつける室内の光を屋外へ漏らさない防虫効果のあるフィルムもあります。その他、目隠し効果、装飾フィルム、電磁シールドフィルムなど多種多様です。

 フィルムを貼る上で注意が必要なのは、引張応力によってガラスが熱割れを起こすということです。ガラスが直射日光を受けると、温められた部分が膨張します。一方、サッシに入り込んだ部分や日陰の部分はあまり温度が上昇しません。温められた部分は膨張し、サッシに入り込んだ部分、日陰の部分はあまり変化しないので周辺部に向かって、引張応力が発生します。周辺部の許容強度を超えると熱割れ現象が起こり、ガラスにヒビが入ります。フィルムを貼ることでどの程度ガラスの温度が上昇し、許容強度内に収まるかが問題となります。

 熱割れの原因となる「熱応力」の発生には、フィルムの種類、窓の方位、使用ガラスの品種や厚さ、日陰の状態、カーテンの影響、施工条件などが複雑に影響しますが、フィルム施工メーカーなどで簡単に計算でき、窓ガラスに合ったガラスフィルムを提示してもらえるので、安全のために相談することをお勧めします。

 マンションの窓ガラスは、居住者のものでなく共用部分ですので管理組合への相談が必要となります。