Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > パラペット外面の白華現象

Mansion Reform

窓・壁・床・屋根

パラペット外面の白華現象

 
パラペット外面の白華現象

 マンションの壁の最上部には、勾配付きのひさし状になっていない限り、パラペットと呼ばれる陸屋根の端部に立ち上がりがあります。屋上の端に背の低い手すりのように、コンクリートを打ち足して設置されています。コンクリートの打継面となる足元の外側には防水処置を施して、水平方向に打継目地を設置します。

 パラペットの外面に白い模様が付着することがあります。パラペットの上方から垂れているなら鳥のフンかもしれませんが、パラペットの根元近くや立ち上がりの途中からならば、それは「白華現象(エフロレッセンス)」と呼ばれる不具合です。雨水など空気中の二酸化炭素を含んだ水分が、コンクリートと仕上げ材の隙間やひび割れを通り抜けて、生成された炭酸カルシウムや炭酸ナトリウムなどの塊です。この部分は直接触って確認することができるので、タイルやモルタルが下地から浮いていて落下が心配なら、応急措置として剥離部分の撤去やネットによる落下防止措置を施します。

 縦のひび割れや縦目地から白華がある場合は、周辺のパラペットの天端面(上端部分)のひび割れが発生していないかを確認します。天端面になければ、白華部分より高い位置のひび割れやタイルなど仕上げ材の切り替わり箇所から雨水が浸入している可能性があります。

 打継目地の近くに白華がある場合、前述の剥離部分や縦ひび割れが周囲になければ、雨水の浸入経路は別ルートとなり、打継面の隙間を雨水が通り抜けている危険性が高くなります。この場合はパラペットの内側の根元を確認します。建物の角から白華部分を通過して次の角までの根元に防水シートの膨れがあれば、その膨れを押してみて水枕のようにタプタプと揺れるようなら白華部分への給水タンクとしての役割を果たしています。雨水の浸入経路を確認するため、白華と膨れの付近のパラペットのひび割れや防水層の破れ、隙間の有無を確認することになります。防水シートの不具合は、室内への雨漏れがなくても、防水層の裏に雨水が回っていますから、保証期間中であれば無償での修補を要請できます。パラペットのひびは、Uカットシール充てん工法で修繕します。通常は、この方法で完了ですが、ひび割れの再発が見られるような場合は、現況に追加してリフォームを施します。

 パラペットは、メッシュ入りのウレタン塗膜防水を行います。不具合の報告がなくても大規模修繕工事では、予防措置として仕様に組み込まれている工法です。

 外面に縦ひびの割れや仕上げの浮きが発生している部分には、仕上げ工事と同時に横方向の伸縮に対処するための縦目地の新設を計画します。足場が必要なので、大規模修繕工事での施工が経済的です。注入やタイルの張り替えのみで修繕した場合、直射日光による熱膨張に起因する仕上げ材とコンクリート躯体のアンバランスな動きや、横方向に細長い板状のパラペットが左右に伸縮してしまう状況が温存されますので、有害なひび割れ・剥離はいずれ再発します。

 「白華」はさまざまな箇所で発生し、水の浸入経路も異なりますので、見つけた場合には対処法について管理会社の見解を求めておくこともよいでしょう。