Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > ガラスフィルム

Mansion Reform

窓・壁・床・屋根

ガラスフィルム

 ガラスフィルムは目的に応じて、さまざまな機能を持たせた製品が作られています。目的別に、飛散防止、防犯、日照調整、赤外線カット、紫外線カット、目隠し用などがあります。また、それらの機能を組み合わせた商品も数多くあります。

 飛散防止フィルムは、割れたときにガラスが飛び散らない強度、防犯フィルムは意図的な破壊に抵抗する強度が必要です。

 日照調整、赤外線カットフィルムは可視光線を反射または吸収して、透過する光の量を減らすものです。その場合、フィルムが熱を吸収して温度が上がるため、ガラスの熱割れが生じる場合があります。ガラスの熱割れとは、1枚のガラスの中で熱くなる部分と熱くならない部分が生じると、膨張しゆがみが発生してしまい、ガラスが割れてしまう現象を言います。目隠し用のフィルムや紫外線カットのフィルムでも、熱線を吸収する場合には熱割れを起こす場合もあります。フィルムメーカーでは、熱割れを起こす可能性を計算してくれるので、利用すると安心です。

 紫外線カットを主な目的としてフィルムを選ぶのであれば、透明で温度上昇が小さいものがおすすめです。カーテンやカーペット、畳や家具などの色あせや劣化は、紫外線が主な原因なので、紫外線をカットすれば、それらを長くきれいな状態で使用することができます。

 マンションの外部に面するサッシのガラスは共用部分とされているので、鏡のように反射するフィルムや色の付いたフィルムは、建物全体のイメージを変えてしまうので避けた方が良いでしょう。実際に施工する場合は、透明なフィルムを張る場合でも共用部分に施工することになるので、管理組合の承諾を得ておく必要があります。

 フィルムはホームセンターなどでも購入できますが、きれいに長く使用するには専門業者にお願いする方が良いでしょう。