Mansion Reform

窓・壁・床・屋根

床の遮音

 マンションの居住者間のトラブルで多いのが音の問題です。上の階から伝わる床の衝撃音や子どもの走り回る音などが主な原因といわれています。

 新しいマンションでは、床のコンクリートを厚くして遮音性能を向上させたり、床の仕上げ材を遮音性能の高いものにしたりと、音のトラブルを少なくするよう工夫されています。しかし、遮音性の低いマンションでは、迷惑にならないようにお互いに気を遣いながら暮らしているのが現実です。

 日常生活でいくら気をつけても、全く音を出さないで生活することはできません。まして、子どもの行動を100%抑制することなどできるはずもありません。そこで、リフォームの機会があるのなら、床材に音の伝わりにくい製品を選定することをおすすめします。

 遮音性能を意図した床材には遮音性能を表す表示が付いています。「L-45」や「L-50」といった遮音等級「L等級」と呼ばれるものです。さらに細かくいえば、重量床衝撃音(ドスンといった低い音域の音)に対する遮音性能「LH」と、軽量床衝撃音(カチンといった高い音域の音)に対する遮音性能「LL」の表現があります。しかし現在この表示が変わりつつあります。旧表示は一定条件(150ミリの厚さのコンクリートに施工したもの)を想定したときの推定遮音性能であったのですが、新表示「ΔL(デルタエル)等級」は床材単体の遮音性能表示で、現在は新旧両表示が混在しています。また「ΔL等級」は「ΔLL」「ΔLH」に分かれます。

 床材の遮音性能の目安としては「LL-45」(旧表示)または「ΔLL(Ⅰ)-4」(新表示)の床材を使用して、少し気をつけて通常の生活を送っていれば階下の人に迷惑をかけない程度の遮音性能が期待できるはずです。興味のある方は日本防音床材工業会のホームページ(http://www.jafma.gr.jp)でも確認できます。