Mansion Reform

窓・壁・床・屋根

屋根の防水

 屋根の防水が劣化して機能を損なうと、雨漏りが起こってしまいます。屋根の雨漏りは、その直接の原因を特定することができない場合がよくあります。

 そのためというわけでもありませんが、マンションの場合は雨漏りがしていなくても、築後12〜15年に実施する大規模修繕工事に合わせて防水の改修が行われることが珍しくありません。屋根防水の保証期間が10年であることと、12〜15年を過ぎたあたりから表面の劣化(膨らみやひび割れなど)が顕著に表れてくるからです。

 屋根は紫外線に直接さらされて過酷な環境にあることと、雨漏りが発生した場合は直接生活に被害をもたらすために、早めに改修することが望まれます。

 マンションの防水改修は、人が生活しながらの工事となるため、工期は短いことが必要です。また廃棄物を少なくするため、古い防水層の上に新たに防水層を設けるカバー工法(かぶせ工法ともいう)が一般的です。 

 写真にある物がその代表例です。

 ともあれ屋根防水の改修は避けて通れないものです。その方法は将来の改修方法まで考慮に入れて考える必要があるといえます。

屋根の防水