Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > ガラスの取り替え

Mansion Reform

窓・壁・床

ガラスの取り替え

 マンション外回り建具のガラスは共用部分なので、個人で改修することはつい最近までできませんでした。近年、関係法令や社会情勢の変化に伴い、窓ガラス、玄関ドアなどの防犯、防音、断熱などの改良工事は、管理組合の同意の下に、個人の責任と費用で工事ができる環境が整いつつあります。

 マンションのガラスに対して関心が高いのは「断熱」です。ただし一口に断熱といっても、目的により使用するガラスも変わってきます。

 例えば外気と室内空気を熱的に遮断するのであれば、二重サッシ(内付けサッシ)やペアガラス(最近では高断熱の真空ペアガラスも開発されている)が有効です。しかし夏に西陽の当たる部屋は、普通ガラスでは熱線(赤外線)が透過してしまうため暑くなってしまいます。そうした場所では熱線吸収ガラスや熱線反射ガラスが効果を発揮します。外側に熱線吸収ガラスや熱線反射ガラスを使い、内側に普通ガラスを用いたペアガラスが最も有効です。

 熱線吸収ガラスは、材料に微量の鉄やニッケル、コバルトなどの金属成分を加えて着色したガラスです。このガラスはそれ自体が熱を吸収して熱線の透過を妨げるため、ガラスの温度が極端に上昇する場合があり、周囲の状況によっては割れやひずみが発生するため、取り扱いには十分注意が必要です。

 熱線反射ガラスは、ガラス表面に金属酸化膜を焼き付けたもので、熱線を反射して室内温度の上昇を防ぐものです。

 しかし熱線吸収ガラスは色が付いており、また熱線反射ガラスは鏡のようにキラキラしているので、いずれも施工していない部分との違いが気になる場合があるため、注意が必要です。


ペアガラス