Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > ダニ対策としてのフローリング

Mansion Reform

窓・壁・床

ダニ対策としてのフローリング

床材材質別平均検出ダニ数

 チリやほこり、花粉などのハウスダストは、アトピー、喘息、アレルギーの原因の一つといわれています。とりわけ、アレルゲンとして問題視されているのがダニです。ダニの住家とされるカーペットには、フローリング(板の間)の約20倍ものダニが検出されています。

 逆にフローリングでは湿気を含みにくくダニの住家となりにくいといえます。小さなお子様のいるご家庭では、足音をできるだけ消す為に、カーペットを利用されていることが多いかと思いますが、床材にも等級があり、L-45、L-40等を適所に利用すれば高い遮音性が期待できます。ただし、フローリングは音の問題につながる可能性もありますし、管理組合によっては一定基準以上の等級の床材を使用することを条件にされている所もありますので、事前に管理組合にご相談ください

 ご家族の中で、皮膚が弱い、あるいはアレルギー疾患がある方がいらっしゃるご家庭では、カーペットフロアからフローリングにリフォームすることを検討されてはいかがでしょうか?

 ダニは50度の熱に10分以上あたれば死滅します。湿気のたまりやすいふとん、畳なども出来るだけ天気の良い日に干し、家具などをずらし、通気性のよい環境に努めましょう。



施工前 施工後 データ

・費用…1平方メートル当たり>
15,000円~(工賃含む)

・施工日数…1日(2部屋あたり)
<カーペットからフローリングへ>