Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 身体に優しい壁のリフォーム

Mansion Reform

窓・壁・床

身体に優しい壁のリフォーム

着色材を塗った後、布で軽くふきとると、自然な濃淡のついた仕上がりに▼
身体に優しい壁のリフォーム
▲模様をつけて個性的な壁に。

 「シックハウス症候群」など壁材、床材などからでる有害物質が問題になっています。今回ご紹介する塗壁材は天然素材で、安心してご使用いただけるものです。

 白いベース材をコテで塗り、乾かした後に着色材を布にしみこませて塗りつけます。着色材はやわらかな色合いの全12色。塗り方によっては、好みで自然な濃淡をつけたり、模様のついた仕上げも可能です。材質を選ばず、石膏ボード、ベニア、モルタル、さらに壁紙の上からでも塗ることができ、器用な人なら自分でも塗ることができます。また、着色材は水をはじく素材なので、汚れをふきとることができるのも利点です。

 天然素材のやわらかさとぬくもりを生かした、やさしい雰囲気の部屋にしてみたいですね。

リフォーム前

リフォーム前


リフォーム後、壁紙の上から、2色の着色材を使って、塗装しています

リフォーム後、壁紙の上から、2色の着色材を使って、塗装しています。

データ

●材料費+施工費
 約6,000円/平方メートル
(下地処理、養生、足場費用等は含みません)

●施工日数 数日