Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > トイレ床、壁用新素材

Mansion Reform

バス・トイレ

トイレ床、壁用新素材

 トイレの気になるニオイ・汚れは、尿と菌によって発生するアンモニアが原因です。マンションはほとんどの場合が洋便器なので、汚れが飛び散ることは比較的少ないですが、皆無というわけではありません。

 汚れや水がついても染み込みがなく、しかも抗菌性能がある大型セラミックの防汚陶板の製品が、トイレ機器メーカーから販売されています。大型セラミックなので、従来のタイルのように目地も少なく、さっとひと拭きできれいになります。

 光の当たる場所では光触媒の作用で、光の当たらない場所では抗ウイルス・抗菌金属が菌やウイルスの増殖を抑制して、清潔に保ちます。床用と壁用の製品があります。セラミック製なので塩ビ製品のような収縮や劣化がありません。

 メーカーによると、コンクリート床に直貼りでは施工できないとのことなので、床下配管が下階住戸の天井内にある形式のマンションでは施工できない場合があります。

 トイレのリフォームを計画中の方は一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。