Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 浴室床のリフォーム

Mansion Reform

バス・トイレ

浴室床のリフォーム

浴室床のリフォーム

 マンションの浴室は、多くの場合がユニットバスです。ユニットバスとは、あらかじめ天井・浴槽・床・壁などを成型しておき、現場に搬入した後にそれらを組み立てる浴室のことです。床は強化プラスチックの上にタイルなどの仕上げが施されています。最近のユニットバスは水切りが良くて乾燥が早く、冬場の冷たさを和らげ、触感を良くしたものが多くなっています。

 以前のタイルの浴室の床は冷たくて、硬いというイメージが強くありました。ユニットバスは一部分だけ取り替えることは、その構造上、基本的に不可能です。

 ところが最近では、建材メーカーが浴室の床専用のビニールシートを売り出しています。特徴として防滑性、水はけ性、接触温熱感、衝撃吸収性をうたっています。滑りにくく、乾燥が早い上、冬の冷たさを軽減したシートです。しかも、床に膝をついても痛くないようにクッション性を持たせてあり、介護する人にも優しい製品です。

 施工は廊下やバルコニーと同じように、耐水性の接着材でシートを貼り、周囲をシールで保護します。下地がタイルのように凹凸があっても、下地材で滑らかに調整した上でシートを貼り付けるので、元の凹凸を消すことができます。

 浴室は床面積がそんなに大きくはないので、高額な工事になることはありません。もし浴室の床に不便を感じているようであれば、リフォームを考えてみてはいかがでしょうか。