Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 座った状態で全身シャワー

Mansion Reform

バス・トイレ

座った状態で全身シャワー

座った状態で全身シャワー

 全身シャワーとは、体全体を同時にシャワーで包み込むことで、浴槽へ浸かったように温まる効果を得る入浴方法です。湯船に浸かるのに対して体への水圧がかからないことなどから、血圧の変動が少なく済み、体への負担が軽いと言われています。

 今回は、この全身シャワーを座った状態で行うことができる器具を紹介します。この器具は、壁面から複数のノズルが組み込まれたアームを引き出すことで、イスに座った状態でも左右から同時に肩・腰・足などへシャワーをかけることができるもので、足腰が悪くお一人で浴槽に浸かるのが難しい方でも、シャワーベンチや浴室用車椅子を利用することで使用することが可能です。

 設置にあたっては浴槽壁面に穴を開ける必要があります。設置スペースや壁面強度の確認、ユニットバスでは壁面裏の構造が取り付けに適しているかどうかの確認も必要です。また、宅内の給水給湯圧力が器具に対応する能力であることや、既存水栓から分岐の配管工事も必要となりますので、検討の際にはお近くの工務店やリフォーム業者にご相談ください。