Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 面倒な工事なしですぐにお湯が使える、洗面化粧台

Mansion Reform

バス・トイレ

面倒な工事なしですぐにお湯が使える、洗面化粧台

 マンションの新築時から洗面室の洗面化粧台に 給湯設備がない場合や、ガス湯沸器や電気温水器が設置してあるバルコニーやパイプシャフトなどから洗面室までが遠くて、お湯が出るまでに時間がかかり不便を感じているマンションの住戸は多くあります。今回紹介しますTOTOの電気温水器付洗面化粧台は化粧台の下に温水器を組み込むタイプなので、面倒な床下の給湯配管工事をしなくてもすぐにお湯を使うことができます。この洗面化粧台の主な仕様や特徴は次の通りです。

1.既製品の洗面化粧台の間口寸法は600mm・700mm・750mmの3種類があります。
2.温水器の電源は一般の交流100Vで可能で、消費電力は約500~600Wとなっています。
3.お湯を溜めるタンクの容量は6Lタイプと12Lのタイプの2種類があります。
4.今ある洗面化粧台の中に、後から電気温水器だけを取り付けることが可能なキットになったものもあります。

 この製品で注意していただきたいことは、シャンプー水栓を設置するなど、多量にお湯を使用される場合では、6Lタイプでは容量が足りなくなるため、取り付けはお薦めできません。また、このお湯は洗面・手洗い用として使用できるもので、飲料用には適用できません。

 この電気温水器付洗面化粧台の設置を検討される場合は、現状の洗面室の状況を調べる必要がありますので、お近くのリフォーム会社などへ相談をしてください。



間口750mmの洗面化粧台 後から取り付けるキット例
間口750mmの洗面化粧台 後から取り付けるキット例