Wendy-Net トップページ > Mansion Reform >梅雨時期の湿気対策

Mansion Reform

全般

梅雨時期の湿気対策

 気密性の高いマンションにとって、梅雨は湿気とカビの発生に困る季節です。

 梅雨の湿気によるカビは、冬の結露で起きるカビとは原因が異なります。結露は外気と内気の気温差によって発生しますが、梅雨の湿気は、外気も内気も高温多湿なことが原因です。さらに、高温多湿な環境はカビがとても繁殖しやすいです。

 梅雨の湿気に対して有効なリフォーム対策が難しいといわれるのは、外も中も高温多湿であるためです。湿気対策の要は「換気」で、湿気の多い空気をよどませないことです。特に部屋の中は家具や物が多く、壁に隙間なく置かれた家具の裏や部屋の隅は空気がよどみやすく、カビが発生しやすくなります。隙間を作り、換気扇を常時回しておいたり、窓やドアを開けるようにしましょう。洗濯物の部屋干しはできる限り避けるほうが賢明ですが、どうしても干す場合には、南側の部屋に干し、エアコンで除湿と換気をしっかり行いましょう。

 室内の大幅なリフォームをする際は、換気効率を考えた間取りを検討するのもよいでしょう。

 玄関扉の内側に網戸を設置するという対策もできます。多くの場合、規約で扉自体は共用部分で、室内の空気に接する面と錠のみが専有物として定められています。網戸を設置する際に扉や三方枠に加工(固定用の穴を開けるなど)が必要な場合は、管理組合に申請が必要となることもあります。昨今は玄関扉を加工することなく、設置できる製品も多くあるので、玄関網戸を検討される際は、まずは管理会社へ相談するといいでしょう。