Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > LED照明の調整機能を上手に利用しよう

Mansion Reform

全般

LED照明の調整機能を上手に利用しよう

 LED照明が省エネの面で注目されていますが、LED照明器具には明るさの調整機能とともに、色の調整もできる機種も多くあります。明るさや色の調整機能が付いているものは、その機能を毎日の生活に有効に活用してみましょう。

 色の調整機能とは、昼光色(白っぽい色)から段階的に電球色(赤く、ろうそくのような色)にできるものです。部屋の模様替えを壁や床、天井の仕上げを変えることで、部屋の雰囲気を変える方がほとんどですが、照明器具の調整機能を使ってもいろいろな雰囲気をつくることができます。

 昼間の補助的な照明は昼光色にして適度な明るさに調整し、活動的な雰囲気をつくります。夕方から食事時は、食べ物がおいしそうに見える電球色で明るめにし、団らんの雰囲気に調整します。食後から就寝時までは、電球色で徐々に暗めにしていくと、副交感神経に作用し、リラックスして寝付きやすくなるそうです。また朝の起床後に太陽光を浴びると体内時計がリセットされて、体の生活リズムを正常に保つことができるそうです。

 すでにLED照明器具に変えた方は、快適な生活を送れるように、その機能を一度試してみてください。これからLED照明器具に取り替えようとされている方は、是非そうした調整機能のある器具を選んでみてください。