Mansion Reform

全般

光触媒

 光触媒とは、自分自身は変化することなく、光を受けてさまざまな化学反応を起こす物質のことであり、身近な例としては植物の光合成があり、葉緑素が光触媒として働いています。

 ガイアの光触媒加工液は、二酸化チタンが光触媒として使われています。

 この二酸化チタンに紫外線や蛍光灯の光が当たると光触媒反応が起き、二酸化チタンに付着した有機物が酸化分解され、この働きにより消臭、抗菌、防汚、シックハウス対策などの効果が得られます。

 この光触媒は内装用もあり、カーテン、じゅうたん、室内の壁紙などにコーティングすることも可能です。

 内装用光触媒加工液を各箇所にコーティングすることにより、タバコ、ペット、食べ物などの臭い、空気中にある目に見えないさまざまな細菌を分解します。

 また、シックハウス対策、花粉症、カビなど空気中に浮遊する有機物も分解します。室内の空気をきれいにし、健康的でクリーンな居住環境をご提案できます。

 近年、シックハウス症候群、花粉症と、現代人が抱える環境についての悩みが多くなっています。ぜひ試してみてはいかがですか。