Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > 空き巣から守る防犯対策

Mansion Reform

全般

空き巣から守る防犯対策

空き巣の被害は約15500件

◆実態
 平成16年における都内で起こった空き巣の被害は約15500件あります。

 前年に比べ、件数自体は減りましたが、侵入窃盗と空き巣の割合は、過去5年間で最も高くなっています。つまり、無人の住宅に入り込み、貴金属、物品を盗むということです。

◆発生状況
  右記のグラフを参考に見ると、皆さまが住まわれているような中高層住宅(4階建以上)は約20パーセントを占め、住宅で考えても一戸建住宅とほぼ変わらない数字になっています。

 オートロックだから安心、高層だから大丈夫と思わないで、各ご家庭で万全の防犯対策を考えてください。

対策について-玄関 ◆対策について-玄関
1.補助錠を扉の上部に取り付けましょう。
2.補助錠を設置することにより、不正な解錠に時間が長くなります。
3.扉の隙間を塞ぐために、ガードプレートをドアノブ付近に取り付けましょう。
4.ピッキングに強いシリンダーに交換しましょう。

シリンダー 鍵の種類

◆対策について-窓

1.防犯フィルム
 ガラス内面に防犯フィルムを貼り付けると、ガラスを破壊する時間がかかり、侵入が難しくなります。
2.補助錠
 現在付いているクレセントより離れた場所に取り付けることによりガラスを破壊する時間がかかり、侵入が難しくなります。
 また、防犯フィルムと併せればかなり有効でしょう。
3.防犯ガラス
 窓ガラスを防犯ガラス(2枚のガラスとガラスの間に樹脂製の膜を挟んだもの)に交換すると破壊時間がかかり、侵入が難しくなります。

防犯ガラス 対策について-窓