Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > お部屋のジメジメ、バイバイ

Mansion Reform

全般

お部屋のジメジメ、バイバイ

調湿彫り天

調湿彫り天

しつど番

しつど番

リラクセント

リラクセント

 日本の住まい環境は、高湿度になりがちです。ジメジメ生活の主な原因として考えられるのが、高温多湿になりがちな日本の気候、高断熱・高気密な住環境、そして水をふんだんに使うライフスタイルです。夏の暑さ、冬の寒さ対策として、またエネルギーの効率活用を目的として、住まいの高気密・高断熱化が進んでいます。そのために空気が溜まりやすく、外気温との差も大きくなりますので、結露が発生しやすくなります。

 結露の発生源として考えられるのが、湿度を高める加湿器、炊飯器のスチーム、やかんの湯気、汗や息といった人体からでる水分、生活習慣によるものなどです。

 このような住環境の改善を目的として考え出されたのが、「調湿建材」(NAIS松下電工製)というものです。この建材の特徴のひとつは、部位に合わせて効果的に湿度対策ができるということです。つまり湿気の発生源となっている気になる箇所ごとに対策を行うことで、室内全体に湿気が循環するのを防ぎます。調湿建材の商品として、「調湿彫り天」、「しつど番」、「リラクセント」があります。

 「調湿彫り天」は準不燃天井材で、湿気を吸ったり吐いたりすることで部屋の中を快適な湿度で一定に保とうとする特性があります。その調湿能力は石こうボードの約4倍です。

 「しつど番」は調湿壁材で、24時間でコップ11杯分の吸湿量があり、その吸湿能力は「石こうボード+塩ビクロス」の4倍以上です。

 「リラクセント」は調湿壁材で、お部屋のイメージを保ちながら調湿できます。お部屋の壁に自由に貼り付けできるので、湿気対策だけでなく、壁面のアクセントとしても使え、お部屋の雰囲気をアレンジできます。質感は木目調と石目調があり、カラーはアイボリー、ベージュ、ティーグリーンがあります。

 調湿機能のメカニズムについて、調湿建材には微細な孔をたくさんもつ珪藻土が混合されています。お部屋の湿度が高くなると、湿気を吸収し、空気が乾燥してくると、吸収していた湿気を放出して、お部屋の湿度を快適な状態にコントロールします。




部位に合わせて効果的に湿度対策

部位に合わせて効果的に湿度対策