Wendy-Net トップページ > Mansion Reform > マンションで木の家に住む

Mansion Reform

全般

マンションで木の家に住む

エコ・フォームで実際にかかった費用
(家具・建具等は除く)
床の杉板張り 595,725円
床下の炭敷き 514,650円
幅木 106,928円
壁:外壁部分 200,955円
〃:杉板内壁部分 167,025円
〃:タイル部分 254,524円
〃:壁紙部分 263,000円
システムキッチン 82,000円
洗面化粧台 33,300円
洋風便器 54,000円
分電盤 54,000円
配管工事費など 135,000円
(小計) 2,627,692円
(値引) -7,627円
(計) 2,620,000円
諸経費・保険料など 342,000円
(合計) 2,962,000円
(消費税) 148,100円
総合計 3,110,100円

 シックハウス・化学物質過敏症・アトピー・アレルギー・・・。化学物質により、世の中はより便利になった反面、化学物質に潜む有害物質により体を蝕まれているのも現状です。化学物質過敏症の主婦が、アトピー体質の子供や家族のため、体にやさしい家を目指したエコ・フォームを実践した例を紹介します。

 この場合、新築マンション購入時に標準の内装をとりやめ、希望のエコ仕様に始めから変えていくというリフォーム方法をとっています。こうすれば、一度標準の内装をしてから解体してリフォームするより、作業日数・費用ともに少なくてすむということです。

 もちろん、エコを目指したリフォームですので、材質にはこだわって選んだものが利用されています。床や壁は、自ら天然塗料で塗装した杉の無垢剤を利用(写真1)。床を20・上げ、床下には炭を敷きつめ、換気口を作り(写真2)換気に気を配っています。壁には一部防火の都合上、クロスも併用する事となりましたが、クロスや接着剤も自然素材のもの利用しているので、化学物質が発生することはありません。

 費用の方はというと、素材にこだわってはいますが、ランクを下げたり、自ら仕上げることなどで、900万の見積もりが、300万程度(別注の家具や諸費用等除く)に収まっています。(右図参照)

 住み心地はというと、木が呼吸しているので冬は暖かく、結露もほとんどなく(クロス付近は多少あるが、板張りをしている付近はほとんどない)夏は涼しいとのこと。子供たちのアトピーも和らいだとということです。

マンションでの制約があるなか、施工の理解を得ることはなかなか難しいことです。信頼できる専門家にコンサルタントを依頼し、施工主も交えてとことんエコ・フォームについて話し合う。堅い意思と相互の理解があって、成功するリフォームではないでしょうか。

 マンションでも木の家に住めるのです。木の家(エコ・ハウス)に住んでみませんか?

マンションの中に世界でたった1つの木の家を建てる 参考文献:「マンションの中に世界で
たった1つの木の家を建てる」
著者 麻生 木綿子
発行所 株式会社 飛鳥新社

写真1:杉板の壁

写真1:杉板の壁

写真2:通気出口

写真2:通気出口

写真3:サワラ作りのお風呂

写真3:サワラ作りのお風呂